上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.16 葛藤と逡巡と
数か月ぶりのアレルギー科を受診し、先日のピーナッツの誤食を主治医にご報告しました。
内服のみで復活したことを若干強調して説明した後、

「(件の冷やし中華の)そのタレを自宅で1滴から・・・。」と口にしたところで

「ダメだから。」

ソッコーで遮られてしまいました。最後まで喋らせてよ先生・・・。

「yoyoさんほんとにやっちゃいそうで怖いんだけど、今までの小麦や卵と同じように考えたら危険だから。」
「とにかく無茶しないように。」

だってさ。

ひたすらに除去を続けることが逆に怖い、「一生1滴のまま」でもいいから摂取させて行きたい、と重ねて訴えてみましたが、軽く退けられてしまいました。

~~~~~~~~~~

小麦と卵。

ともに負荷試験でアナフィラを起こし、主治医からはその都度「除去を続けるように」と指示を受けました。が、その量と症状とを目安に、私なりに勉強をし考えに考えた上で、ごく微量を「誤食」させました。そこから、それぞれが1年も経たないうちに一般的な量を食べられる所までたどり着きました。いつもエピペンを握り締めて。

だから、ピーナッツもやってみたい。

これまで上手く来たから軽く考えているわけではありません。小麦や卵に比べるとリスクが高いことも私なりに理解をしているつもりです。
それでも、

上手く行くかも知れないじゃない。

という気持ちが、どうしても拭えません。本当に危険だと言うなら、本当にこの子にとって良くない道だと言うなら、それを私に納得させて欲しい。
医師として「どうぞ。」と言うわけにはいかないというのもじゅうぶんに分かるのですけどね・・・。

~~~~~~~~~~

「ピーナッツくらい食べられなくてもいいじゃない。」

これ、いろんな立場の人からけっこう言われます。

親として、我が子の前にあるハードルは1つでも取り払っておいてあげたい。私が関われるうちに出来ることには、全てチャレンジしておきたい。そう考えるのは間違っているでしょうか。

「1滴から」あるいは「薄めた1滴から」。

三たび目の暴走に踏み出そうか、踏み出すべきか、迷っています。


スポンサーサイト
タロウの給食生活が始まって4年目。
毎年度、毎学期、その終わりが近付くたびに「給食はあと○回」とカウントダウンしてはいけない!と自分に言い聞かせつつその終了を楽しみにして来ました。そうしてやって来る「最後の給食の日」を感無量で迎え、「(今学期も、みんなと違う)給食よく頑張ったね。」とタロウをねぎらい、心の中で自分をねぎらい、事故なく過ごせたことに感謝して来ました。

ところが!

今学期・・・気が付いたら給食が終わってた・・・。

明日の献立は何だっけ~っと前夜いつものように献立表を見つめ、ひっくり返し、また見直して・・・、

今日で終わりだったんだ。

と気付いた始末。

完全コピーな幼稚園ライフから部分代替となった小学校ライフへ突入し、少しずつ解除が進んで持たせる機会が減って行き。そのたびに、ありがたいなぁ幸せなことだなぁと感謝しつつこれまで来ました。
それが・・・。

しかも、

夏休み、毎日お昼ご飯メンドクサイなー。

なんて思っている始末。
「コピーに悩まなくてもいい」「何を食べさせても自由」な夏休みを、あんなものすごい解放感で迎えていたのに!

バチが当たるゼ、絶対に。

ひたすらに厳格な除去しか指導して下さらないお医者さまも、
なかなか負荷試験に踏み切って下さらないお医者さまも、
積極的に解除の指導をして下さらないお医者さまも、
じれったいペースでしか増量を許して下さらないお医者さまも、


避難所まで除去食を届けに来ては、下さらないのだ。
(ごくまれな例外を除いては)



2011.03.13 無事です
*どんぐりさんよりご連絡いただきました*
仙台市のヘルシーハットさんが営業なさっているそうです。
(この情報に関しましてはchikaさんの記事も参考になさって下さい)

~~~~~~~~~~

揺れました。
帰宅したばかりの次男を家具のない場所に座らせるのが精一杯。ガチャガチャとグラスが倒れ始めた食器棚のスライド扉がツツツーっとゆっくり開き始めるのを見ながら、そこまで歩いて行けません。
最初の揺れがおさまってから、次男を連れ、既に帰宅して公園へ遊びに行っていた長男を迎えに行きました。
自治体内では停電した地域もあったようですが、幸い我が家は無事でした。水道水の濁りも出ませんでした。
網戸が外れたり本棚の本が散乱したりした程度で、被害と言う被害はありませんでした。
ご心配いただきました皆さまありがとうございました。

1日おいて、今日食料品の買い出しに行きました。
スーパーもドラッグストアもものすごい人でした。
あっという間に棚の商品がなくなって行き、レジはものすごい列になりました。
近隣のガソリンスタンドはどこもガソリン、灯油が品切れとなっていました。

~~~~~~~~~~

あまりの惨事に、自分も何か役に立たなければ!という昂ぶった気持ちが、チェーンメールなど根拠のない情報の発信に加担させてしまっているように感じています。
くだらないもので情報通信網をふさがないで欲しいと切に願います。

一市民の、まして小さな子供を抱えた私たちが、TVの向こうの見知らぬ方々を助けることなど到底出来ません。
せめて被害がなかったことに謙虚に感謝しながら、ささやかに節電に励もうと思います。

~~~~~~~~~~

流通の混乱から、学校給食の献立が急に変更になることもあるかも知れません。
担任の先生や栄養士さんと連絡を取りながら、事故のないように注意したいと思います。


2011.02.25 お宅拝見♪
ハートで抜いてやったゼ
ぴよ弁♪


数日前よりぴよ子&ぴよママが飛行機に乗って遊びに来てくれています。
今日はこちらのお友達に会いに行くと言うので、ぴよ子にお弁当を作りました。
何でも食べられる1歳児、非常に楽です。

~~~~~~~~~~

前回記事へは沢山のコメントをいただきましてありがとうございます。嬉しく興味深く拝見しています。
ゆっくり落ち着いてお返事差し上げたいと考えておりますので、いただいたコメントへのお返事はもうしばらくお待ち下さいませ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。