上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21種☆


まだまだ夏は続きます。
来年の自由研究、さてどうなりますやら。
(注: ↑ 全て撮影後にリリースしていますので。念のため。)

そしてもう1つ。


... 続きを読む
スポンサーサイト
夏休み前に受けていた検査の結果を聞きに行って来ました。
途中は端折りますが、0才時からの結果をまとめてみます。
携帯からの方は上手くご覧になれないと思います。ごめんなさい。 

RAST値(クラス)
0才1才3才5才









6才









1


7才今回
卵白37.30
(4)
10.10
(3)
6.80
(3)
10.90
(3)
12.60
(3)
2.27
(2)
1.22
(2)
卵黄2.73
(2)
1.88
(2)
1.51
(2)
1.61
(2)

0.42
(1)

オボムコイド
3.68
(3)
8.56
(3)

13.20
(3)
2.90
(2)
1.92
(2)
小麦41.30
(4)
10.00
(3)
1.47
(2)
1.61
(2)
0.82
(2)
0.39
(1)
0.35
(1)
グルテン



0.87
(2)
0.38
(1)
<0.34
(0)
ω-5グリアジン





<0.34
(0)
ピーナッツ

14.0
(3)
76.7
(5)
31.2
(4)
30.2
(4)
42.1
(4)


小麦!!
数値(クラスではない)が「2」を切るまでは早かったもののそこからがなかなかだった小麦。入学を1年後に控えた負荷試験で、うどん数本でボスミンを打たれた時は凹んだなー。
そんな小麦も私の勝手な暴走を経て人並みに食べられるようになり、どうやら数値の上でも無事寛解を迎えられそうな気配です。もうね、胸がいっぱい。会計を待つロビーで歓喜の雄叫びを上げたくなりましたよ。

今回初めてω-5グリアジンの検査もお願いしました。見事ゼロ!
ご存知のように、この数値は小麦での食物依存性運動誘発アナフィラキシーのリスクの指標になると言われていますので、タロウ本人の実際がどうであれ、今回陰性と出たことはやはり嬉しいです。
主治医からも、卵・小麦共に食べ始めてから明らかに数値が下がって来ており、検査の数値からも食べられるようになったと言えるねと言っていただきました。

そしてそしてのピーナッツ。
先日の誤食を経て、今回の検査結果がどう出るかを興味深く待っていました。

たった1回の誤食でも、もしかしたら免疫寛容の方向に働いているかも知れない。

なーんて希望を持っていたんですね。
だからもし今回数値が下がっていれば、三たび目の暴走に踏み出そうかと考えていました。
反対に、ぼーんと数値が跳ね上がっていたら、しばらくは諦めようと。

それが何よ・・・この生ぬる~い感じの結果・・・。

総IgEも卵や小麦と同様になだらかに下降して来ていますので、そこへこのピーナッツの結果ですから、まあ微増と言うよりは跳ね上がりと捉えた方がいいのかな。
というわけで、しばらく走り出すのはやめておこうというのが今のところの私の考えです。
と言うかぶっちゃけ疲れちゃったんですよね、ここ数年のスリリングな毎日に。なのでここらで小休憩です。
ま、結局は、母親のヤル気が全てだ低学年!ということでしょうか。

~~~~~~~~~~

今回エピペンも無事1年を迎え、新しいものを処方していただきました。そしたら!

9月22日から保険適用だってぇぇぇぇぇ?!?!

しょぼん。
ま、いいや、今まで他に比べるとかなりの破格で処方していただいていたようなので。

主治医にお返しした期限切れのエピペン、今回は私が診察室で試し打ちをさせていただいて帰りました。
ボン!!ってすごい勢いですね。
命と引き換えなのですから仕方ありませんが・・・痛いだろうな、打たれたら。

この先の1年も無事にお守りでいてくれますように。


昨年1月に受けた卵白の負荷試験の結果(=撃沈)を受けて、主治医には無断で自宅にて微量全卵を「誤食」させたのが2月。
3月より主治医の指導の下自宅で正式に緩徐法にて加熱全卵の摂取を開始。
開始から32週でMサイズ加熱全卵1個分に到達したのが10月。
それから年末まではきちんと毎日加熱1個分の摂取を継続。

今年に入り、加工品へのチャレンジを開始したのと並行して「きっちり毎日加熱全卵1個分」の摂取は間隔が空いて行くようになるも、具体的な指導は特にはなく、1日おきが2日おきになり3日おきになり・・・。
そしてここ1~2ヶ月は、きちんと全卵1個分を食べるのは週に1度のみになっていました。この間に花粉が収束したこともあり、ずっと継続していた抗ヒスタミン剤の服用を晴れてめでたく中止しました。

1個分に到達して以降は無症状。

先日、いつもと同じように週に1度の卵焼き@全卵1個分を食べた直後に「のどが痛い。」との訴え+軽い咳き込み。本人の希望により頓服を服用。
すぐに症状は消失しましたが、どうも気になり中3日を空けて再度1個分を。

食べた直後に喉の痛みを訴え、咳払い → コンコンと咳を開始。

間もなく咳はなくなり本人的にも「良くなった。」そうですが・・・うーん。
明日よりまたしばらく毎日摂取?1日おき?くらいでやってみようと思います。

「寛解」ってどこなんだ。


約10ヶ月ぶりに受けた血液検査の結果が出ました。今回はRASTのみです。
0才時からのデータを載せてみます。携帯からの方にはさっぱり分からないと思いますがどうぞお許し下さいませ。

0才1才2才3才4才5才








6才







7才
卵白37.30
(4)
10.10
(3)
9.37
(3)
6.80
(3)
7.73
(3)
10.90
(3)
12.60
(3)
2.27
(2)
卵黄2.73
(2)
1.88
(2)
1.84
(2)
1.51
(2)
1.49
(2)
1.61
(2)

0.42
(1)
オボムコイド
3.68
(3)
8.89
(3)
8.56
(3)
8.27
(3)

13.20
(3)
2.90
(2)
小麦41.30
(4)
10.00
(3)
3.07
(2)
1.47
(2)
1.37
(2)
1.61
(2)
0.82
(2)
0.39
(1)
グルテン





0.87
(2)
0.38
(1)
ピーナッツ


14.0
(3)
12.4
(3)
76.7
(5)
31.2
(4)
30.2
(4)


今回主治医は卵3項目の数値の急降下に非常に興味を持たれたようでした。が、ぶっちゃけ私、今まで小麦のデータばかりをガン見して来たんですよね。なので卵の数値の推移というものを正直知らなくて・・・(汗)。
今回も、主治医のお話は上の空で小麦(とグルテン)の数値を凝視。・・・下がってる(涙)。
今までひたすらに除去を続けても「1」を切ることがどうしても出来ず、負荷試験をすれば少量でアナフィラで。どうすりゃいいのさ!と泣きたい気分でやって来ましたが、ようやく「どうすりゃいいのか」が分かりました。

食べれば良かったんだ。

( ↑ 語弊があるのは分かっています。ある意味暴言であることも。あくまでも我が家の場合です。ですがこの事実が当てはまる方もきっといらっしゃると考えています。)

帰宅してから改めて卵のデータを過去のものと比較してみました。
・・・めっちゃ急降下じゃんよ。今までのひたすらな除去は何だったのさ。
と書きつつも、完全除去を通した期間があったからこその「今」なのだとも思っているのですけどね。

今は「ゲンカンサリョウホウ」ではなく「経口免疫療法」と言うそうですが、我が家はまさに「経口減感作」療法になったのねと、食べられる事実を目の前にしてもやはり嬉しかったです。

と言うことは、あくまでもタロウの場合ですが、もし仮に数値だけを根拠に除去の指導をなさる主治医にかかっていれば、ある意味永遠に解除の日は訪れなかった、ということになります。経口摂取、即ち食べなければ数値が下がって来なかったわけですから。
もちろん厳格な除去を続けていても、7歳になった途端にぐぐっと全体の数値が下がっていたのかも知れませんけどね、もちろん。

今やっていることが、果たして本当にタロウ本人のためになっているのかは分かりません。寿命を縮めていることだけは確かかな?と考えることもありますが、除去を続けるとどんどん過敏になって行くという仮説が正しいとすれば、それはそれで寿命を縮めるリスクを上げていると言えるのかも知れません。

ただ1つ言えるのは、今現在において、タロウのQOLそして家族のQOLは格段に上昇しているということ。だから私はこちらの道を選んだ。
もしずっと先の未来に今の自分の選択を悔やむことがあれば、このことを思い出そうと思います。

Good Luck ☆ タロウ。


成形も適当さ
適当クッキー@タピオカ粉


カシューナッツに挑戦しました。
2年前、ごく少量を食べて数時間後に顔にどんどん蕁麻疹が出た経験があります。それ以上の症状は出ず。摂取から発症までけっこうな時間がありましたので、原因が本当にカシューナッツだったのか再現性を見なきゃと思いつつ数年が経ってしまいました。だって怖いんだものー。

さてさて今回は、

とりあえず、微量クリア。

わざわざクッキーに入れることはなかったのですけどね、ま、気分も大事さ☆ということで。
明日以降、少しずつ量を増やしながら様子を見て行こうと思っています。

これまでクリアして来たナッツ類は・・・、
・ココナッツ
・アーモンド
・マカダミアナッツ
・クルミ

かな?そもそも「ナッツ類」という分類がよく分かっていないのですが。厳密にはゴマとかも入るんですかね?
あと他にメジャーどころと言ったら・・・ピスタチオ?(メジャーか?) RASTの項目にある「ブラジルナッツ」ってあれ、メジャーなんでしょうか。

しっかしナッツは怖い(小麦も相当怖かったのだが)。
はぁーまた寿命が3日は縮まったわ。

ま、良かった良かった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。