上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070731214331.jpg


実家までドア to ドアで6時間強かかります。
その間の子供たちのおやつです。
年に2回の帰省の時は基本的に欲しいと言うものを買ってあげます。

ちなみに、真ん中の列が 『一緒に食べるもの』 。
向かって右側がにぃにぃの、左側がタロウのものです。
実際に食べるのはせいぜい半分ほどでしょうか。
『プチ』 は私が自分用に買ったのですが、欲しがった時のことを考えて
タロウが食べられる種類にしました。
こうして並べて画像で見ると、タロウもこんないっちょまえなものが
食べられるようになったんだなぁとじーんとしてきます。
ついこの前までは見た目がキレイな寒天ゼリーやアレルギーおやつのラムネなどを買って
少しずつ小さい容器に入れていました。

にぃにぃの 『わなげチョコレート』 には卵殻カルシウムが入っています。
にぃにぃ大好きマネっ子タロウですが、「これ卵が入ってるからタロウは食べられないよ」と言うと、
タロウは納得した様子で 『ぷっちょ』 を選びました。
ところが別の用で寄った違うお店で写真左のPTP包装のチョコを発見。
私が気付かない間に自分でこれを見付け、「これタロウたべれる?」と持って来ました。
「食べれるよ」と答えると、「ぷっちょやめてこれにする」と小さな声で言いました。
食べさせたことがないお菓子なので不安はありましたが、
表示がしっかりしていましたし国産品でしたので思い切って買いました。

最初に行ったお店ではタロウなりに納得して諦めたように見えたのに、
次に入ったお店で一生懸命似たようなものを探していたことにはっとしました。
タロウより先にこれを見付けて、「これどう?」と言ってあげられなかったこと、
少しだけ、少しだけ、後悔しています。


スポンサーサイト
2007.07.28 お泊まり保育
いよいよにぃにぃもお泊まり保育の日がやって来ました。
彼はアレっ子ではありませんが、何せ私が人生で初めて育てている子供ですからね、
やはり母もどきどきです。

タロウの時に備えて記録のためにメニューを残しておこうと思います。

   <1日目>
      昼 食 : おにぎり、チーズ、フライドチキン、ポテト、ウインナ、エビフライ、
             枝豆、フルーツゼリー、麦茶
      おやつ  : スイカ、おかし(詳細不明)
      夕 食 : カレーライス、福神漬、果物(詳細不明)、麦茶
   <2日目>
      朝 食 : 調理パン(詳細不明)、牛乳

おやつのスイカ、嫌いで食べられないお子さんにはマドレーヌが与えられるそうです。
びっくりです。
過保護と言ったら言い過ぎでしょうか。
カレーが嫌いなお子さんには調理の段階で分けて『肉じゃが』にして下さるそうです。
ということは取り分けて別のルーでカレーに、もアリということ?
それにしても「嫌い」というパワーはすごいなと思います。
見た目も形も全く違ってもそれでOK!、WELCOME!なんですものね。

こうして改めてメニューを見ると、食べることにアレルギーがないというのは
本当にありがたいことだなと実感します。
詳細不明は詳細不明のままで送り出しちゃいました。

にぃにぃはちょうど1年前にお泊まり保育というものがあると知った時には
「ぜったいおやすみする」と宣言しました。
ですが今日は「たのしみ~♪」と言ってにこにこでバスに乗って行ってしまいました。
私のいない環境で泊まるというのはタロウの出産の時以来です。
家では甘えん坊ですが、外に出ると既に箱から片足出かかっているような
カッコつけてるところもあります。
彼なりに満喫して帰って来ることと思っています。
一歩一歩、子離れですね(涙)。

   「おとまりいやだー。おうちにかえらないのいやだーー(涙)。」  by タロウ
          <注:将来の自分のお泊まりのことではありません。
              にぃにぃが帰って来ないことが「がんばれない・・・(涙)」んだそうです。>


20070726231512.jpg


まめさんのレシピを参考に作ってみました。
スキムミルクがなかったので省略、お湯の一部(50ccほど)を牛乳にしました。
初心者のくせに超適当アレンジですみません。

左上から。
       プレーン    →   プレーン   →  レーズン入り
     あんずジャム入り → チョコチップ入り → 晩柑ママレード入り

ジャムとママレードは手作りのいただきものです♪
型に入れた生地の上にスプーンで乗せ、爪楊枝でグルグルかき混ぜて焼きました。

だけど、・・・・・・なんでやっぱり白いんさー(涙)。
とうもろこしクッキーを焦がしてエラい目に会いましたからね、
一応中まで火は通っているようでしたので出しちゃいました。
私もオーブンも今ひとつ思い切りが足りないのかなぁ。


20070726233456.jpg


   あんずジャム入り断面
   中はフンワリ♪・・・外は真っ白(涙)


焼き上がって・・・。

   にぃにぃ 「おかーさんすごーい!
         オレこんなにすごいパンつくれないよ!!」
   タロウ   「ほんとだー!
          こんなにしゅっごいパンたべたら すーぐごさいになれるよねっ♪」

にぃにぃ、ありがとう(涙)。
母さんあんたのその無邪気さにいつも救われて来たんだよ。
タロウ、どんなに頑張ってもね、3歳の次はまず4歳になるんだよ。

にぃにぃの誕生日を間近に控え、誕生日の話題が多い我が家。
タロウはどうにか私を言いくるめて「タロウは次のお誕生日で5歳になるんだよ♪」と
言わせたいようです。


2007.07.24 将来の夢
「おおきくなったら○○になる!」と初めて我が子が言った時って感動しませんでしたか?
我が家のにぃにぃは3歳の時、「アンパンマン!」でした。
「アンパンマンになったら ひこーきのらなくてもおばーちゃんちにいけるのに」
と言った日にゃ、電話口でおばあちゃんを涙ぐませましたわよ。
それから夢は「ボウケンレッド」→「ボウケンシルバー」
→「ウルトラマンのなにか(←どれでもいいからとにかくなりたかったらしい)」と移り変わり、
6歳を目前に控えた現在は「おうちをつくるひと♪」。
だいぶ現実的になってきました(母としては少し寂しくもありますが)。

タロウも3歳半頃、初めて将来の夢を口にしました。
それは・・・「ごさい♪」。
「タロウは大きくなったら何になりたいの?」 → 「ごさいになる!」です。
理由は、大好きで憧れで尊敬しているにぃにぃが「5歳」だからです。
だってにぃにぃは押入れの中段からジャンプできるんです。
車に乗れば自分でシートベルトを締められるし、
ゲキレンジャーとアンパンマンとポケモンと電王とぜんまいざむらいとどんど晴れの
チャンネルを覚えていて、自分でリモコンでつけて見られるし、
補助なし自転車にも乗れるしうんちの後はお尻だって拭けるんです。
そしてそしてにぃにぃは、父さんと同じパンが食べられるんです。

タロウは自分の食アレについて少しずつ分かるようになってきてはいるのですが、
食べられないのは自分がチビだからだと思っている節がまだあるようです。
ですからそういうのも全部ひっくるめて、「ごさいになりたい♪」んです。

先日、次の誕生日には5歳じゃなくてまず4歳になるんだという事実を知り、
かなり衝撃を受けた様子でした。
「なんでタロウだけなかなかごさいじゃないのっ!(怒)」
    <訳:何でタロウだけなかなか5歳にならないんだっ!(怒)>

もうすぐにぃにぃはお誕生日を迎えます。
自分が4歳にもなっていないのに、にぃにぃが6歳になってしまうと知ったら・・・、
・・・夢は変わるのでしょうか。


アレルギーっ子の入園・入学安心マニュアル―給食、体育、あそびから緊急時の対応まで アレルギーっ子の入園・入学安心マニュアル―給食、体育、あそびから緊急時の対応まで
佐守 友仁 (2007/04)
農山漁村文化協会



読みやすく、分かりやすく、得るものの多い充実の1冊でした。
実に沢山の項目に触れていらっしゃるのにそれぞれの内容が決して浅くなく、
適所に挿入されている資料や提出書類の書式例などもとても実用的です。

私にとって一番大きかったのは、アレっ子の子育て歴まだ3年ほどの私ですが、
今までしてきたことや選択してきたことが間違っていなかったんだ!と思えたことです。

もう忘れかけてしまっていた回転食。
毎日毎日食べさせたものを記録しては明日は何を食べさせようかしらと
布団の中でぐるぐる考えていたっけ。
掻かないようにミトンを着けた両手を一晩中押さえつけて、
それでも朝起きたら顔も布団も血や膿で汚れていて、
毎朝お風呂場まで抱えて行ってシャワーしてあげてたなぁ。

あの頃に比べれば今はずっとずっと食べられるものも増えたし、
それに何よりいったん寝付かせればあとは布団に放置で一晩中ぐっすり寝てくれる!
肌もつるつるになったし、そのお陰で世間の人から余計なことを言われることも
すっかりなくなったじゃない!

うんうん私、間違ってない。
もっといい道があるのかもしれないけれど、私なりに精一杯
タロウをちゃんと明るい方へ導いてあげられてるじゃん!

来春の入園に備えて読んでみようと買ったものの、
読み終わる頃にはこんな方向に思考が動いて行って感無量になってしまいました。
入園や入学にまだほど遠いアレっ子ママさん方にもきっと
得るものの非常に大きい1冊になると思います。

何だか本の紹介になりませんでした。


            ブログを始めたことを身近な人にどこまで伝えるか、です。


ささやか過ぎてドン引きなさらないで下さいませ。

明日からいよいよ夏休み。
実家が遠い我が家は長期帰省します。
で、やっぱ怪しいですよね、何だかんだと写真撮ってると。
それに私、母に黙ってられるか自信もなくて。

遠く離れて暮らしている母は、タロウのアレルギーのことはもちろん、
見知らぬ土地での私の子育てや生活全般をいつも気にかけてくれています。
それに伯母たちもずっと以前からブログを書いていて、
そちらに私、別名でコメント入れたりしているのですよ。
これってやっぱり失礼ですよね。

離れた地で子育てしている私の様子を伝えたい。
タロウのアレルギーのことももっともっと理解してもらいたい。

でも、身近な人に伝えることで書けなくなることもあると思うんです。
あの人が読んでるからコレは書けないな、とか
こういう表現はマズイな、とか、あと愚痴なんかも。

ブログをお持ちの皆さん、身の周りのどれくらいの人がそのブログの存在をご存知ですか?
伝えたことを後悔することはありませんか?
知ってもらえて良かったことってどんなことですか?

実はここね、旦那もまだ知らないんです(多分)。
ううう、悩む・・・。


2007.07.19 ししゃも 負荷
検査の時ふと思い付いてイクラの Ige を調べていただいたら 『0』 と出ました。
鶏卵は卵白・卵黄・オボムコイド全てはっきり 『陽性』 です。
この春よりお世話になっている主治医から、
「ししゃもなど加熱したものなら試していいでしょう。おうちでいいですよ。」
と言っていただいたので、食べさせました。

1匹を1/3ほどに切り(大きすぎ?!)、
一瞬迷って一番尻尾の方をタロウに手渡しました。
食べました。

   「まだいる~♪」

かわいらしい右手が出てきました。

   「これね、見てごらん、ちいちゃいお魚の『卵』が入ってるんだよ。
    痒くなったら困るから今日はこれだけにしておこうね。」
   「えー?なんでぇ?ホラ!かゆくないじゃーん(口が尖る)。」
   「でももうすぐ痒くなったりコンコン出たりするかもしれないよ。
    もし何ともなかったら明日また買って来てあげるね。」
   「なんでーーーっ!!」
      → 号泣&暴れ開始。まだまだ侮れぬ魔の3歳児。

そして時間が経ち日が暮れ夜が明け・・・。

異常、出ませんでしたー♪♪♪

主治医曰く、鶏卵と魚卵は基本的に蛋白質は違うとのこと。
魚卵もひとくくりにはできず、ししゃもが大丈夫なら
何でもOK!ということではないそうです(もしかして周知の事実??)。
イクラなど生のものは当分控えるよう言われました。

そして翌日、焼いて余っていたししゃもを、
新しく買って焼いてやれよと自分で突っ込みつつ与えました。
2匹ペロリと召し上がりました。
大変美味だそうです。

そして・・・、
にぃにぃ、父さん、おばあちゃんに、

   「タロウね~おさかなの『たま~ご』たべれるよーになったんだよー♪
    おおきいたま~ごはまだアレグリー(=アレルギー)なんだよ~。」

ものすごく誇らしげです。
『卵』という言葉を使って教えることを迷っていた気持ちが吹き飛びました。


先月見学に伺った幼稚園の給食を作っていらっしゃる会社に電話を掛けました。
入園を考えていること、食物アレルギーがあるので対応していただける内容については
そちらでお聞きするよう言われたことなどをお伝えすると担当の方に代わって下さいました。

タロウのアレルゲンが『卵・小麦・ピーナッツ』であることを説明すると、最初に尋ねられました。
   「小麦粉は揚げ物の衣やつなぎの量でもNGですか?」
   「ピーナッツとおっしゃるのは落花生だけですか?
                         それとも他のナッツ類もNGですか?」
この質問を受けた段階でもう私は心拍数が上がってきます。
「小麦?じゃあ対応できかねます。じゃ。ガチャン」じゃないのね?

... 続きを読む
再びその時がやって来ました。
今回も夜。
子供たちを寝かし付け、焼きましたよ~米パン!食パン!
だけど・・・なんで・・・・・・、






20070714061004.jpg




   やっぱり白いんさー・・・(涙)



今回キッチン内は28度、湿度は不明。
前回と室温はそんなに変わらないのに、何だか元気なんですよ酵母くん。
二次発酵している間にオーブンの余熱をしていたらどんどん生地が上がって来ました。
240℃の余熱が終了した段階で二次発酵時間はまだ13分。
なのに生地がもう「はよ焼いてーっ!もう堪忍ならーーんっっ!!」と
叫んでいるようで痛々しかったのですぐにオーブンに放り込んじゃいました。
ほんとはもっとオーブン余熱しておきたかったんですけど。
設定を230℃に下げて30分 → 上下左右をひっくり返して10分。
それで、↑ です。

もうね、冷ましてる間にも気になるんですよ、中が。
前回パックリ『どーもくん』でしたからね。

   ~ 焼けたパン どーもはおるかと 呼んでみる ~

ほんとはこのまま寝て、朝切ろうと思ってたんですけど、


20070714061011.jpg




   切っちゃいました。



今回は何とかどーもくんの口は封じることができたようですが、
翌朝全部スライスしてみると全体的にキメが荒く過発酵らしき状態でした。
でもまあ前回より悪い出来ではなかったので良しとしよう。
お味は・・・お気に召していただけたようです♪


2007.07.10 米めん
                20070710224548.jpg

イオンで見付けました。 → 詳細はコチラ
初めて見たのですが、皆さんご存知?有名?
ちなみに原材料は、
     『国産うるち米(新潟コシヒカリ10%入)・コーンスターチ・クエン酸・酒精』 です。
うどんを食べる時にタロウ用に茹で、水で締めた後他の家族と同じように
麺つゆをかけ、すり下ろし大根、小えび(タロウはエビは食べられますっ!(←エビネタしつこい?))、
きざみ海苔をてんこ盛りにしていただきました。
お味は・・・フォー?(←エビカニダンスの雄叫びではありません(←しつこい!頭から離れず))
久しくフォーを食べていないので正確な比較は出来ませんが、
フォーよりややもっちりしてるかな?
おいしかったです。

タロウは麺類があまり好きではありません。
父さんやにぃにぃといつも微妙に違うからいじけているのか
果たして本当に好きじゃないだけなのか分かりませんが、
こちらの米めんは比較的よく食べてくれました♪

     
     アレルギーの状況や反応の強ささには個人差がありますので、
     ご利用は各個人の判断の下でお願いいたします。


2007.07.07 気にしすぎ?
にぃにぃの通う幼稚園の保護者会へ行って来ました。
いつも定刻になると先生がステージに上がられ、
その時期に園児が歌っている歌や手遊びを紹介して下さいます。
今日は珍しくダンスでした。
園児が日々楽しく歌いながら踊っているもので、秋の運動会には
ママたちが踊ることになるそうです。
この幼稚園、運動会の恒例種目に何故か『ママたちによるダンス』があるのです。

ステージ上には数名のお若い先生方。
保護者(と言ってもほとんどがママ)も皆さん立ち上がってミュージックスタート!
エビとカニがテーマの、楽しくてリズミカルな曲です。

     ♪♪♪エビがナンタラカンタラデ~ カニはホニャララナントカデ~
            エビ?カニ?エビ!カニ!フォーーっ!!
                    ズズチャチャズンチャチャ・・・♪♪♪
                          (詳しい歌詞表記は控えておきますね)

ノリノリです。
私も周りの皆さんと一緒に前の先生方を見ながら一緒に踊っていましたが、
あるフレーズで固まってしまいました。

     ♪♪♪アレルギーノヒト タベレナ~~イ!♪♪♪

... 続きを読む
                20070710225002.jpg

ずっと気になっていたサトワカさんの『とうもろこし粉で作るクッキー』、焼いてみました。
・・・コゲました(悲)。
我が家のレンジオーブンはややパワー不足な気がしていたので、
170℃→180℃で焼いてみましたらこんなになってしまいました(恥)。
でもでもとってもおいしかったです!

生地の半分にバニラオイルを、あとの半分にココア小匙1/2ほどを混ぜました。
コゲてしまっているので写真では分かりづらいかと思いますが、一応2種類混ぜて写しています。
どれがどれだか・・・とはおっしゃいませぬよう。
一応味は違いました(笑)。

今までにも米粉でいろいろとクッキーは作ってきましたが、
こんなにも型の抜きやすいものは初めてです。
タロウと2人で仲良く(?)型抜きをすることができました♪

サトワカさん、いつも素敵なレシピをありがとうございます。


・公園で
   子供たちを遊ばせながらママ友とお喋り。
   タロウのアレルギーの話をいろいろと聞いてくれていた時彼女が口にした言葉。
        「減感作療法ってもう古いの?」
   古くないっす!私の中では最新!最先端!!

   彼女は10数年バリバリの看護師をされてきたお方。
   看護のお勉強をされていた頃、教科書では減感作療法こそが
   食アレや花粉症などの治療法!と習ったそうです。
   一昔前と言うよりもう二昔前と言った方が近い年数経ってます。

   正しい意味を理解した上で、カツゼツ良く「ゲンカンサリョウホウ」と言える人が
   思いがけず身近にいてびっくりしました。

・がっかり
   「イオンの自社ブランド『トップバリュ』のドレッシング2種類から、
   表示されていない『卵』成分を検出。」という記事を発見。
     → 詳しくはコチラ

   トップバリュ、大好きです。
   お手頃価格でタロウが食べられるものが沢山あるし、
   ポテトチップは余計なものが使われていなくて原材料欄がとってもシンプルだし。
   ですからこういうニュースはとっても残念です。
   ブランド全体の信頼を損ねちゃいますもの。

・ビミョー
   昨日の記事でアップしたコロッケをお弁当に詰めて(要は残り物弁当です)
   タロウとサークルに参加しました。
   昼食時、タロウのお弁当を見たお友達のママ、
   「タロウくん、お弁当に入れるものはけっこう食べられるんだね~」と。
   一瞬返答に困り、???となってしまった私。
   どうやら彼女はお弁当に入れていたコロッケを、「チン!」モノだと思ったようです。
   あらン♪私のコロッケ、そんなにお上手ぅ~?
   といい気に・・・なれるわけがありません。
   食アレの認知度もまだまだ低いな~と思ったランチタイムでした。


・・・・・番外編・・・・・・・
   朝、珍しく頑張ってにぃにぃのキャラ弁などを作っておりましたら、
   出来上がった頃起きて来たにぃにぃ、体調不良で幼稚園お休みしました(悲)。
   たかだかキャラ弁でこのショック。
   コピー給食を作ってらっしゃる方々はこういう場合、
   どどどーーーっとお疲れになることでしょう。


                20070710225114.jpg

  <材料>              
     プレーンヨーグルト 200g、生クリーム 1/2cup、砂糖 小匙3、
     桃の砂糖煮(缶詰でもいいです)適量(シロップも適量)
  <作り方>
     ・ヨーグルトはペーパーを敷いたザルに乗せて一晩水切りしておく
     ・桃は小さく刻んでおく
     ・5分立てにした生クリームに、他の材料を全て加えて混ぜ合わせる
     ・型に流し入れ、冷凍室で冷やし固める


作ってみようと思ったきっかけは、コレ。

20070702133909.jpg


  ← ダイソーで発見♪



アイスクリームってネットや本でレシピを見ると、アイスクリームメーカーでも使わない限り
たいてい「途中で取り出してかき混ぜ」ないといけないじゃないですか。
それが面倒で作ったことなかったんです。
でもお店で ↑ の容器を見付け、アイスバーなら少々ガリガリのアイスでも
食べられるんじゃないか、と。
それと先日レアヨーグルトケーキを作った時、けっこうフワフワでしたので
これ固めたらおいしいかな~なんて思っていたんです。
ちょうど冷蔵庫に使い道を迷っていたいただきものの
白桃のシロップ煮(←伯母の手作り♪)があったので刻んで入れてみました。

結果は・・・?
おいしかったですぅ☆
余った分をカップに入れて一緒に固めて食べてみたのですが、
こちらは硬すぎてスプーンで頑張ってゴリゴリゴリゴリ・・・。
でもバーにすると、サクっと食べられていい感じでした。
人の噛む力ってどんだけ強いんじゃ?!


20070702135117.jpg

   ← 本日の夕飯
      『タロウコロッケ』♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。