上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.29 雑感
~ 代替デビューを果たして ~
昨年末行われたサークルでのクリスマス会に、初めて代替食というものを持参しました。
その時に感じたこと。

現実は孤独だった。

日々こうしてPCを立ち上げると、ネットの向こう側には沢山のアレっ子ママさんたちがいらっしゃいます。
皆さん毎日の食事はもちろんのこと、給食のコピーを作られたりお友達とのお付合いを工夫されたり。
でも、でも、日常的に実際タロウと接するお子さんの中にアレっ子はいません。

クリスマス会の日、持って行った代わりのサンドイッチセットを取り出すのに、タロウに食べさせるのに、
とてもとても勇気が必要でした。
1人1人に状況を説明するわけにもいかず、事情を知らない他のママたちはどう思っているんだろう、
どれくらいの人が私たち親子の行動に気付いているんだろう、と不安な気持ちでいっぱいでした。

それからこの日絡みでもう一つ。

夫に感謝しよう。

このクリスマス会は通常のサークル参加の会費のみで特別な費用はかかっていません。
極端な言い方をすれば、他の親子さん方はみんなタダで会食して帰ったわけです。
それに比べると我が家はプラスアルファでいくらの費用が発生したのでしょう。
そんな細かい計算をしようとも思いませんし、持参する代替食を用意するにあたって費用的な面で
購入を諦めたものもありません。
どんな風に何を作って行けばタロウの心を満たしてあげられるだろうか、ただそう考えて準備しただけです。

我が家の夫は激務でほとんど自宅で過ごす時間がありません。
たまの休みも疲れ切っています(私は仮死状態と呼んでいます)。
知らない土地での初めての子育て、そして授かった初めてのアレっ子育児。
1人で2人に食べさせて、1人で2人をお風呂に入れて、1人で2人を寝かし付けて、1人で2人を抱えて
夜間救急に駆け込んで。そんな生活が365日。(←言い過ぎました。年に2回、実家でぐうたらしている日数を
差し引いて下さいませ。)
夫が忙しいのは夫のせいじゃないのに、でもそれは私のせいでもなくて、
何で仕事仕事なの?私たち2人の子供なのに何で私ばっかり!
そんな思いがいつも心のどこかにありました。

いろいろな理由から、私はまだしばらくは専業主婦でいたいと思っています。
それを望んでそう出来ていること、
子供たちにしてあげたいと思っていることを夫1人の働きでじゅうぶんに賄えていること、
そのことに、もっともっと感謝しないといけないんだな、とふと思ったのです。
お互いの大変さが見えなくても、お互いにその頑張りをイメージし合ってねぎらいいたわり合うことって
大切ですよね。

~ 米粉パン粉を作って ~
パン粉、本当においしくできたのですよ我ながら。文句なし。
なのになのに私の心にあったのは、

とうとうここまで来てしまったか。

という思い。

タロウの食アレが発覚してから、ネットで沢山の情報を求めて来ました。
そんな生活が始まったばかりの頃、「上新粉で蒸しパンを作った」「ひえ粉でクッキーを作った」なんて目にしても
大変だな~とまるで他人事だったんです。
まして「パンを焼く」なんて論外。
うちはそのうち良くなるさ、コピー食なんて無縁だわ~なんて思いながらのらりくらりやって来ました。

それが!パン粉ですよ?パン粉!
こんなものおうちで作っちゃうなんて、過去の私からすれば
「大変ねぇ。アレルギーがひどくてお気の毒だわ。」てな感じ。それを作っちゃったよ(涙)。

はぁ~やっぱりタロウは正真正銘のアレルギーっ子なんだ。

そう思うとおいしいパン粉は出来上がったものの、何だかドヨ~ンとした気持ちになってしまったのでした。
まあね、仕方ない、開き直るしかないんですけどね。

以上、年末からずっと書きたかったけど書きそびれてきた徒然(愚痴か?!)でした。


スポンサーサイト
お顔が熱いよー
題名のないパン
サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 使用


サンヨーHB説明書 『揚げパン』 生地で。
砂糖を5gに減量し、粉落としサインの時にメイプルシロップを大匙2加えました。
こねだけHBで行った後生地をアルミエンゼル型に入れ、レンジの発酵機能で30℃20分発酵。
その後オーブンは余熱に入り、その間生地は熱湯を入れたカップを2つ置いたビニール袋(ゴミ袋だったりする)
の中で待機。
220℃で20分焼きました。

生地には間に ↓ のカスタードクリームと小さく刻んでレンジでチンしたりんごをはさみ、余ったりんごを乗せました。
g-232.jpg
    『ニップン アリスの森へ カスタードクリームミックス
    ※ 『乳』 使用です




切るとこんな感じ ↓ 。
気持ちだけクリーム入り
    食パン1斤分の生地では少し多過ぎたようです。
    余らせて他のことに使うのも面倒だったので
    全部型に入れて焼いてしまいました。
    もっとりんごとクリームの比率が多い方がおいしそうですよね。


ま、タロウがおいしい♪ と喜んで食べてくれたので良しとしましょう。
生まれて初めていただいたカスタードクリーム(もどき)のお味、お気に召したようです。


可もなく不可もなく
ベイクドチーズケーキ風チェリージャム入りベイクドヨーグルトケーキ
※ 『乳』 使用です


昨年皆さんが豆乳チーズケーキを盛んに研究なさっていた頃、我が家は
「タロウは乳はクリアしたけどチーズがまだ怪しくて、にぃにぃは相変わらずケーキの類が嫌いで、
なのでわざわざ豆乳から豆乳クリームチーズを作ってまでケーキを焼く気力もなく・・・」
といった状況で、ただただ皆さんのパワーを拝見しては感心するばかりでした。
ですがあのケーキのお姿はずっと心の隅っこにあり、突然作ってみよう!と思ったわけです。

タロウの「チーズが怪しい」状況は現在も続いていますので、クリームチーズはやめてヨーグルトを一晩
水切りしたものを使用しました。
他の配合は eriさんのこちらのレシピを参考にさせていただきました。
   ・・・ってリンクをいただきに伺ってびっくりしました。お元気そうで良かったです☆
   リンクいただきますね♪ (←他に伝えようがない)。

~ レシピ変更点 ~
・量は全て1/2で(12cmの型で焼いたので)
・豆乳ホイップ → 『乳』 使用のケーキ用ホイップ
・砂糖は5gに減量(ジャムを混ぜ込んだので)
・寒天パウダー1g使用(焼き上がった後からペシャンコになるのが怖かったので、
 ゆうあんみぃさんのアイデアを参考にさせていただきました)
・例の伯母からもらったおいしそうなさくらんぼジャムがあったので大匙2使用

180℃で30分焼きました。
焼き色がものすごく付いてきたので、最後の10分ほどは上段にもう1枚天板を入れました。

久々のチャレンジクッキングにどきどきどきどき・・・。
↓ 焼き上がり直後はこんな感じ
お願いっしぼまないでぇぇぇ
    沈むな沈むな沈むな~~とひたすら願う。
    ・・・が、やはり沈んだ。




さてさてお味は・・・?

・・・うまからずまずからず。

1カットを食べ切るのがつらいほど不味くはないけど、もう1カット食べたいな~と思うほどおいしくもない(涙)。
普通。
レモン果汁を入れようと思っていたのをジャムを入れることを考えてやめてしまったことと、
砂糖を減らしすぎたことが災いした感じ。
パンチがない。
でもまあいろいろとお勉強になりました。

子供たちは2人とも「おいしい♪」とよく食べてくれました。


皆さんご存知のように我が家はアレルギーのない長男とアレルギーっ子の次男です。
長男は他にも特に何事もなく、平々凡々に幼稚園児ライフを満喫中です。

もうずいぶん前になりますが、ある時突然こう言われました。

「あのね、ぜったいおうちでたべたいっていわないからね、ポケモンのふりかけかってほしいんだけど・・・」

もうねぇこう言われただけで私の頭の中ではそれまでのにぃにぃに対する子育てに対して反省の思いが
ぐわんぐわんと渦巻くわけですよ。

そんなに気を遣わなくていいのに。
「タロウが食べられないからって我慢するのいやだーっ!」ってお店でひっくり返って泣いたっていいのに。

もちろん速攻買いました。
お弁当の日にみんな白いご飯を持って来て、持参のふりかけ見せ合いっこして、そしてパッパッとかけて
いただくのがクラスで流行っていたみたいです。
そう、例のキャラ弁を拒否され始めた時期と重なります。
その日からお弁当の日は毎朝起きるとキッチンに来て、その日に持って行くふりかけを選ぶのが日課になりました。
「きょうはなに?」とタロウも一緒に頭を突き合わせて見ています。でも絶対に選ばせてはもらえません。

それからずっと同じ商品を買い続けているのですが、こちら、1パックに1枚シールが入っています。
私にすれば中身はタロウは食べられないわけですから、当然シールはタロウにあげればいいと思うのですが、
そこはまだまだ6歳児、なかなかそうすんなりとは行きません。
「えー?こうたいごーたい!」と譲りません。
そうすると、ふりかけを買ってもタロウは中身もシールも手に入れられず、
ただただ指をくわえて見ているだけの回ができるわけです。
それはやっぱり私としては見ていてかわいそうです。

じゃあその回タロウにはシールの入ったラムネ菓子でも買ってあげる?
でもそれって過保護じゃない?
そもそも家庭の方針や家計の問題等で、そんなふりかけ買ってもらえないおうちだってあるわけだよね?
じゃあふりかけ自体買うのをやめる?
いやいや私や夫は本人が欲しがるならそれくらい買ってあげればいいんじゃない?って思ってるわけでしょ?

タロウが「食べられない」ことが「不憫」で、その他の部分で物を過剰に与え過ぎなんじゃないか。
弟が食べられないからってにぃにぃに我慢をさせるのが「不憫」で、物を過剰に与え過ぎなんじゃないか。

あーーーーっ分かんない分かんないっ。何が常識で何が平等なのか分かんないよーーーっ!!!
分かってます分かってますよ、こんなちっぽけなこと、10年も経てば「平和な悩みだったな~」って思うんですよ。

でもこういうことも経験しながら、私も子供たちも成長して行くしかないんですよね。
頑張ります。


ダッシュで買い込み


外出先の近くに無印があるのを思い出し、あれこれ買って参りました。
男3人を待たせてダッシュでお買い物。ひっくり返して裏を見るのに大忙し。目がウロウロします。
あーっ早く1人でゆっくりお買い物に行けるようになりたいよーーっ。

いろいろ買い込みましたが、お目当ては kumi77711さんの所で拝見した 『手づくりキット フォー』 です♪
画像の手前真ん中。

で、早速お昼にいただきました。
タロウくんボクを食べて・・・
    オイオイ麺が写ってないじゃん!
    すみません・・・。




ワタクシ今まで「フォーは平べったい麺」「ビーフンは平べったくない麺」と勝手に思って参りましたが
違うの?!こちら、普通の丸い(?)麺でした。ビーフンよりやや太い感じ。
要は味付けがベトナム風かアジア風かってこと?ってベトナムはアジアじゃないの??ビーフンは中華??
ごめんなさい、どなたか教えて下さいませ。

とにかくおいしかったです。麺とスープと辛いソースが入っています。全てタロウもOKです。

が!!!タロウはやっぱり食べなんだ(涙)。彼は麺類が好きじゃないんです。
ですがそれは自分だけ違う麺だったりするからかなと思っていたのですが、どうやら違うようです。
じゃあラーメンでよかったんじゃん!なーんて心の悪魔が囁きますが、でもまあそれは結果論。
家族全員同じものが食卓に上ることで心を満たしてあげられてると思うしかないですね。

kumiさんちにはいつもとっても素敵なお料理が登場していて、既に私いくつか参考にさせていただいてます。
↓ 昨日はココナッツ汁粉を作りました。
もっとおいしそうに写ってくれよ
    冷凍室に余っていた粒餡と栗を入れました。





ココナッツミルクと餡って合うんですね~☆ びっくり。
ネットでレシピを探してみると、練乳や牛乳を使うものが沢山ヒットするのですが、
ココナッツミルクだけでじゅうぶんにおいしかったです。

実は私、人生で初めて白玉団子というものを作りました。
こんな手間のかかるもの作れないわっ、と思ってから数年。
kumiさんちでこちらのお汁粉を拝見し、じゃあお団子も作ってみましょうと白玉粉の裏側を見てみると・・・、
あらお手軽じゃな~い♪

慣れというのは恐ろしいものです。


新発売♪


コープに 『新発売!』 と載っていたので早速買いました。
裏面はこんな感じ ↓ 。
企業秘密か?!
    普通に売ってる商品が「米粉」とか「タピオカ」とか使っていると
    みょーにありがたくってお礼を言いたくなる私です。



↓ オーブントースターで冷凍のまま5分ほど加熱。
おつきさまは1つだよ

    あらかわいい♪




お味もとても良かったです。添加物の味がほとんどしない感じ。
今までは同じくコープで、原産国がアメリカの某ハッシュドポテト(子供の手のひらサイズくらいの
四角いアレ)を買っていたのですが、あれって子供たちの食い付きはいいのですが次第に「もういらなーい」
となってくるんですよね。私も大量には食べられない感じ。うまくは言えませんが。

こちら、 『声』 から採用になったそうです。
カタログから消えてしまわないようにしっかり買い支えよう。


最近作ったものたち。

昼間の光はやっぱいいね~
    おなじみコフさんご紹介のお豆腐ブラウニー
    いろいろ配合を変えて作ってみましたが、
    最終的には「粉は全てリファで」に行き着きました。
    クルミとオレンジピールはなし、バニラオイル使用、
    ラズベリージャムを使いました。味噌は普通の味噌で。
    ラズベリーのプチプチがいい感じでした♪


大漁旗か?!    先日作った真似っこガ○トのキッズプレート、
    にぃにぃのツボにはまったようです。
    あんたはお店で食べれるじゃんっ、と思いつつ
    もちろんそんなことは言えません。
    「今日はゼリーがないわ。チョコ付けようか?」と言う私に、
    「えーごはんのあとにチョコはあますぎるよ。みかんがいい。」
    とにぃにぃ。アレっ子の兄の鏡です。


どれがどれだか・・・
    いちご大福&グレープフルーツ大福。
    毎年いちごの時期になると作ります。
    グレープフルーツが絶妙なんだわ~。





オレら関西風?    おでん。
    昨冬までは卵も入れて、タロウのは別に作っていました。
    でもよく考えたらおでんの卵が好きなのって私だけ。
    卵、やめました。
    関東の人っておでんに牛スジ入れないんですよね。
    結婚してこちらに来てびっくりしたことの1つです。
    なかなか気軽に牛スジが手に入らないのが困りもの。



今朝は起きたら外がうっすら雪景色でした。
にぃにぃより先に起きて来たタロウに「窓から外見てごらん♪」とルンルンで言いました。
窓辺に走り寄ったタロウ。
「・・・」
何もコメントがないので「何が見える?」と尋ねました。

「はっぱ」

そう言えばタロウ、物事がちゃんと分かり始めてから雪を見たことないんだった。


2008.01.17 NEWS23
特集 『食物アレルギーの子供らを受け入れる南の島』 (1/14(月)放送)を見ました。
アレルギーっ子を受け入れる南の島がある、というお話を耳にしたことのある方も多いと思います。
沖縄県久米島です。

アレっ子とその家族を対象としたツアーの発売に向けて、モニターツアーが行われたそうです。
ツアーの舞台となった3つのホテルのうちの1つの料理長の方の取り組みが取り上げられていました。

食事は卵や小麦を始め10品目が除去されたものが提供されます。
この料理長は製造過程を自らチェックしながら約半年かけて食材集めをなさったそうです。
安全が確認できたものだけを使用。「一から調べるのはすごく大変でした」と。

厨房ではツアー開始3日前から小麦粉の使用を中止、鍋や包丁など調理器具は全て新調、
使用する油も全て大豆油から菜種油に切り替えられたそうです。
「魚介類を揚げるとエビのエキスとかが混ざってしまう。そうなるとその油はもう使えない。
ならば鍋ごと買い換えて菜種油で揚げればアレルギーの問題もない。」とおっしゃっていました。
ここで一般的なフライに使われる卵とか小麦ではなく 『エビ』 を持ち出すところがナイス!
そういうエキスだけでも命取りなのよー!とうまく伝えて下さったなぁという印象。

メニューはコロッケやローストポーク、片栗粉と米味噌をつなぎに豚肉で作った肉団子など。
メニューと使われる食材や調味料については事前に連絡がなされていて、夕飯は
参加者全員でバイキング形式でいただいていました。
デザートにはケーキと、サツマイモのお団子を使ったサンタのお人形が登場します。

取材を受けていたあるご家族は、末っ子くんだけがアレっ子。
それまでは末っ子くんに気を遣ってお姉ちゃんたちにもなかなかケーキを食べさせてあげられなかった
そうです。
そのお母さんが、炊事から解放されて砂浜で子供たちと遊ぶ表情が印象的でした。
「何でもアレルギーのせいにして今まで過保護すぎてがんじがらめにしていたみたいで
かわいそうだったなと反省しています。」
そうおっしゃったのが印象的でした(と言うか泣いてしまった私です)。

ツアーは事故もなく無事終了。今年度中の発売を目指しているとのことでした。

私の感想。

完璧。

ただこれは「食べることに関して」のみの感想です。
宿泊する部屋がどういう状態なのか、喘息やCSを持つ方々も安心して参加できるのか、などについては
全く分かりません。
ですが少なくとも我が家の除去状況で考えてみると、あれだけの食事が提供されてあんな素晴しい海で
子供たちを遊ばせられるなら、一度は行ってみたい!と真剣に思いました。

ツアー事前の試食会には 『アレルギーの子を持つ親の会』 の武内さんも参加なさっていました。
ツアーには辻さんから社長さんや栄養士さんも参加なさっていたようです。
沢山の方々がいろんな視点から意見を出し合って、もっともっと素晴しいものになるといいですね。


お正月に初詣でに行って思い出しました。1年前のお正月、タロウが福引付きおみくじで
  ↓ コレを当てたことを。
運は身をたすく

帰省先から現実に戻ってすぐ、先日サンドイッチを作った時に冷凍しておいたパンの耳を取り出し、
1年間しまい込まれていたミルを取り出し、作ってみました米粉パン粉。
使用した米パンは、もちろんサンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 で焼いたものです。そして・・・、

出来ました~☆ 画像はないですが。

実は1年前このミルを手に入れた直後、同じように私パン粉作りに挑戦しているんです。
使ったパンは当時コープで購入していた市販の米パン。
その時も同じようにいったん冷凍したものをガーっとしてみたのですが、
ミルの中でぐちゃぐちゃの米粉だんごになって終了。頭に来てそれ以後使っていませんでした。

あれから1年経ち、もしかしたらこのサンヨーパンを使えばまた違うかも・・・、と冷えた頭が考えたわけです。
キレイなサラサラのパン粉が出来ました。

そうなるともう、このパン粉を使ってみたくて仕方なくなる私。単純だわ。
というわけで、夕飯は急きょなんちゃってエビフライ。
エビを水溶き米粉にくぐらせ、その上に作ったパン粉をからませました。

こんなんでもエビフライだいっ

    ちぃちゃいエビで失礼します。
    思い付きが突然すぎて、ブラックタイガーもトンカツになるようなお肉も、
    そしてそれらを買いに行く時間もなかったのです(涙)。


さてさてお味は?・・・コーンフレークの味がしないっ! ← 当たり前だけど一瞬本当にそう思った。
おいしい!おいしかったです♪ 今度はもっと大きなお肉でやってみよう。

... 続きを読む
2008.01.12 焼き初め
今年もよろしく♪ベーカリーくん
サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 使用
白神こだま酵母、A-1マーガリン 使用


諸事情により割り箸にて冷まし中。ごめんあそばせ。

昨年末冷蔵庫を掃除しておりましたら白神こだま酵母が出て来ました。
ベーカリーを購入してからお手軽にドライイーストばかり使っていて、存在を忘れかけてました。
ごめんねこだまくん。

で、初焼きはベーカリーで白神こだま酵母を使って焼いてみました。
以前あちこちでお見かけした記憶があったので、軽いノリで使っちゃいました。
パン作りの基本的な知識が全くない私、まずは酵母を「そのまま」投入しました。
他の材料や量は説明書通りです。

正真正銘 2008年焼き初め☆

    じゃん。
    正真正銘の焼き初め☆
    えらく高さがない。


オレらも青春真っ盛り♪    切ってみた。
    酵母の残骸らしきぽつぽつが・・・(恥)。
    
    夕方焼いて切っておいたものを翌朝いただきました。
    イーストを使ったものよりは若干硬くなりましたが
    いただくにはじゅうぶんフワフワしてました。

さすがにこれではまずいだろうと思い、手順を以下の通りに変更しました。
長くなりますが自分の覚えのためにも記載しておきます。

  最初にパンケースにお湯(温度適当、熱め)を入れて温めておく
  → レンジの温度設定45℃で温めた分量分の水から一部を取り出し酵母を溶かす
  → 残りのお湯を説明書通りパンケースに入れ、その上にショートニング以外の粉類を入れる
  → 溶かした酵母を入れる
  → 通常の 『小麦ゼロ』 コースでスイッチオン
  → 粉落としアラームが鳴ったところで溶かしておいたA-1マーガリンを投入
  → あとは焼き上げまでそのまま

そして焼きあがったものが冒頭の写真です。白神酵母の優しい香りが部屋中に広がしました。幸せ♪

ま、いんじゃないの?
    切ってみました。
    まずまずかな?
    目の粗さは気になりますが、激しいぽつぽつは消えました。



で、問題の軟らかさなんですが・・・どうやって表現したらいいんだろう、としばし悩み、
とりあえずウルトラマンで押してみました。
ジュワッチっ
分かりにく~

  切って室温で一晩放置したものです。

 ← 押した跡

やっていて自分でも「うーん、イマイチ」な感じだったので、
サトワカさんがされていたのを真似っこさせていただきました。
    ↓
これでいいのか    曲げてみた。

    これ以上曲げたら耳が折れそうだったのでここまで。
    白い部分はもっと曲がりそう。
    この後無事戻りました♪


書いててだんだんと自分でも何が言いたいのか分からなくなってきましたが、
アレっ子ママさんとお話していると、イーストがNGなお子さんってけっこういらっしゃるんですよね。
なのでベーカリーで白神酵母を使っても、技術がなくてもけっこうまともなパンが焼けるよ♪
というご報告でした☆

書きながら先ほどリンク先を求めてサトワカさんちに行ったのですが、そこでものすごく基本的かつ
重大なことに今気付いた私。
でももうこれ以上書く気力がないのでまた後日~。


2008.01.10 カニ 負荷
年末夫の実家に帰省した時、夕飯に毛蟹が出ました。タロウは未経験です。
ですがエビはずい分前からクリアしており、主治医からは「大丈夫だと思いますよ」と言われています。
主治医によると甲殻類の蛋白質は近いんだそうです。
魚卵は魚の種類によると言われていますし、面白いですよね。

さてさて子供たちの目の前に登場したカニ。丸ごと見るのは2人とも初めてです。
「カニだカニだー♪」 「クラブ(←ポケモンの1種らしい)だー♪」と大騒ぎ。
他のおかずも沢山あったので、夫と2人で身を取り出しながら少しずつ2人に食べさせました。
タロウは1口食べるなり、「おいし~い♪」。にぃにぃもカニは大好きです。
そして・・・、

異常出ませんでした☆

ま、自宅でカニそのものをいただくなんてことはしばらくないでしょうが、とりあえず1品確定ということで。

~~~~~~~~~~

年末年始、夫の実家に4泊しました。
普段夫がほとんど自宅にいないことを義両親はよく知っていますので、
「yoyoさんいつも1人で何もかもして大変なんだから、ゆっくりしてて」と言って下さいます。
そして私、本当にゆっくりしちゃいます。完全なる上げ膳据え膳です。
そして滞在中、完璧なる除去食が出て来ます。家族全員同じメニューで。

もともとお料理がとてもお上手な上に勉強熱心なお義母さま。
「上新粉はダマにならなくていいわね~♪」と言いながら上新粉を使ったシチューとか普通に出て来ます。
にぃにぃが「からあげたべたい!」と言うと、
「はいはいから揚げね。yoyoさん、片栗粉で揚げればいいかしら。」という感じ。

タロウが離乳食の頃は、義実家に泊まる日数と食事の回数を数えて、
自分の実家で大量に離乳食を作り小分けして冷凍したものを持ち込んでいました。
離乳が完了してからもしばらくはそんな感じでしたが、だんだんとタロウがみんなと同じものが
食卓に並ばないと椅子に座りたがらなくなり、そういうわけにもいかなくなってきました。
その頃から徐々にお義母さまもアレルゲンを気に掛けて下さるようになり、
私が作って持参した食事も出番が少なくなってきました。今思うと大豆の解除が大きかったかな。
醤油、味噌が一緒に使えるというのは本当にありがたいことですよね。
そして現在に至ります。

今回は私が焼いて冷凍した米パンとA-Labelのふりかけを持参しましたが、
基本的に和食な一家なので、にぃにぃがよほど「パンたべたい!」と言わない限りごはん食です。
結局今回米パンは出番がありませんでした。

年に2回しか会わないのに、こんな大変な子を抱えて帰省してぐうたらさせていただいて、
いつも本当に感謝しています。
何も親孝行できない私たち夫婦ですが、今はせめて子供たちを心身共に健康に育てることでお返ししようと、
帰省のたびにそう思うのです。

... 続きを読む
「あのね、おかーさんのことはすっごくすきなんだけどね、もうね、おそとでてをつなぐのはイヤなの。
 どうしてなのかはオレにもわからないんだけど。ごめんね。でもだいすきだからね。」


~ にぃにぃが 手はつなげないと言ったから 今日が最初の子離れ記念日 ~


合掌。


2008.01.05 実家のおせち
さすがでござる


変わらずおいしゅうございました。私は全く、指一本(?)手伝っておりません。

真ん中のお重に数の子といくらが入っています。タロウがNGなのはそれだけです。
材料を買い揃える段階で、メーカーに各々の原材料についてメールや電話でいろいろと問い合わせてくれた
ようです。感謝感謝☆

低アレキッズおせち
    一応皆取り箸を使いますが、
    コンタミが不安な母が子供たち用に用意してくれたもの。
    お料理とは関係ありませんが、お箸袋も母の手作りです。
    ワードで作ったんですって。なかなかやるな。



幸せ☆幸せ☆幸せ☆


2008年が始まりました。
我が家にとっては、第1子入学&第1アレっ子入園のどきどきの1年の始まりです。

元日、家族4人で作った凧を持って凧揚げに行きました。
冬晴れの空の下、穏やかな風に乗って凧は見事に舞い上がりました。


おーい!10年後のわたしーーーっ!この写真、ど~お~~っ?


一家4人で頭を突き合わせて凧を作ったお正月を、涙が出るほど懐かしく思い返すのでしょうか。
あー何をするにも子供2人にまとわり付かれて大変だったわ~、も~戻りたくないっ、
もーあんなしんどいことできないっ、ヤレヤレ、と思うのでしょうか。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。