上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
って、時々きかれます。
質問される状況や相手、そのニュアンスにもよりますが、

好きでやってんじゃねーよ。

と答えたくなる場合もあります。

先日、給食弁当を作りながらふと自問してみました。

「私は料理が好きなのか。」

好きか嫌いかときかれれば、嫌い、ではない。では好きなのか。
好きで早朝から給食のコピーを作っているわけでは、ない。では、イヤイヤ作っているのか。それも違う。
よく分からなくなったので、質問を替えてみました。

「私はミシンが好きなのか。」

はい、好きです。大好きです。

うーん、この違いは何だろう・・・と考えて、たどり着いた答えは、

お料理は、上手に出来れば喜んでくれる家族がいて、その家族においしいって言ってもらいたいから、言わせたいから、頑張る。頑張れる。
食べるものに制限のあるタロウに、私以上のことをしてあげられる人はいないという自負があるから、頑張る。頑張れる。
ミシンは、誰のためでもないく、とにかく好き。
ということ。

例えばミシン。
おおっ!このファスナーきれいに付いたじゃん♪の自己満足で終われます。他の誰からも誉めてもらえなくても全然構いません(誉めてもらえればもちろん嬉しい)。
で、お料理。
おいしくできたじゃーん♪と自分で思えても、食べてくれる家族が「おいしい♪」と言ってくれないとつまらない。
まして食べてくれる相手がいなくなってしまったら、自分1人のためには絶対作らないと思うんです。

ということは、
やっぱり私はお料理が好きなわけではないんだろうか。
今度誰かに同じ質問をされたら、何て答えましょうか。

結局答え、出てないじゃん。


スポンサーサイト
完食!お見事☆
ご飯 ⇒ ご飯
かにクリームフライ ⇒ 具:かに缶・たまねぎ・ホワイトソース(米粉・マーガリン・なたね油・牛乳)・塩・コショウ・コーンスターチ、衣:タピオカ粉→水→米パン粉
照り焼き味ミートボール ⇒ 肉団子(冷凍作り置き)、あん:醤油・みりん・酒・砂糖・片栗粉
プレーンオムレツのケチャップがけ ⇒ クリームコーン・長芋・米粉・水・片栗粉・塩・菜種油、トマトケチャップ
アスパラガス ⇒ 塩茹でアスパラガス
アンパンマン高野豆腐の含め煮 ⇒ 高野豆腐・醤油・酒・みりん
オレンジ ⇒ 1/8カットオレンジ


書式がまだ私の中で一定しません。お見苦しいですがお許し下さい。

クリームコロッケはずーっと昔から一度作ってみたいと思っていたお料理。
冷凍室に作り置きのホワイトソースが少し残っていたので、適当に作ってみました。
・・・イマイチ。
もうチャレンジはすまい。いい勉強になりました。

オムレツはお友達のブログを巡りながらいろいろと方法を考えてみたのですが、とりあえず今回は先日アップしたもので、長芋を減らし、水の量をやや多めにして焼いてみました。
これだと高さがあまり出ないので、次回はもう少し別の方法を考えてみよう。

高野豆腐はレンジで調理しようと思いましたが、ミートボールが 『照り焼き』 だったので、高野豆腐を鍋で煮て、その煮汁に砂糖と片栗粉を加えて肉団子を投入、からめました。
人生で初めて朝から高野豆腐を煮ました。

にぃにぃが朝食を食べている食卓に出来上がった給食弁当を置いていたら、あれこれとチェックが入りケチが付きます。
「きゅーしょくのたまごやきはもっとたかーいんだよ。」 もっと分厚いということらしい。
「アスパラはそこじゃなくてだいたいコロッケのうえにのってる。」
「みかん(オレンジ)のむきがちがうよ。」 だって入んないんだもん。
「きょーのは50てんだね。まあさいしょだし、だんだんもっとじょーずになるよ。」

悔しいのでとりあえずオレンジの向きだけ直してみました。
「いーじゃんいーじゃん!これで100てんだよ♪」

おおっ!コピー2回目で100点ゲットっすか!さんきゅ~☆ と思っていたら・・・、
「がんばってもーっとじょーずになったら、いっちょーてんあげるからね♪」

1兆点満点かよ。

~~~~~~~~~~

タロウ、入園早々に早速転んで膝をすりむいて帰って来ました。
その日のお便り帳には、
「今日園庭で遊んでいて転び、膝を怪我しました。
 キズ薬についてお聞きしていなかったので、消毒やバンドエイドは使わず、洗って冷やしておきましたので、
 様子を見てあげて下さい。
 次回怪我の時の対応についてもお聞きしたいと思っております。」
と書かれてありました。
細かいお心遣いをいただいて、とても嬉しかったです。


2008.04.27 タロウ ビビる
4歳児は騙せたぞ~


『恐竜大陸』 に行って来ました。

9時開場で9時15分に到着したのですが、ものすごーい人、人、人でした。みんな早起きだねぇ。
日曜だから混んでいたのか、世間では既にGWの始まりなのか。
あんなに沢山の人間を久々に見ました。

で、内容ですが、面白かったです。
少し前に子供たちが恐竜キングにはまった時期があり、その頃に図書館で借りて来た恐竜図鑑を一緒に見たりしていました。
そのお陰で私も僅かではありますが以前よりは知識があり、子供たちは少なくとも私よりはいろいろと知っていて、夫はさらにそれよりもうちょっと知っていて、家族みんなで楽しめました。

恐竜博って言っても化石やら骨格模型だけだったら、いくら恐竜とは言え子供たちは飽きるんじゃないかと思っていたのですが、今時のこういうのってすごいんですね。
冒頭の画像の恐竜くん、動きました。かなりリアルに(ってリアルを知らないけど)。目も。
こういうのが何体も展示してあって、草食恐竜の肉を食いちぎっているヤツなんかもいたりしました。
もちろん骨格展示も沢山あって、面白かったです。
タロウは腰が引けてました。
にぃにぃは、「これニセモノなんだよー。」と言いながらも最前列で張り付いて見ていました。
動く恐竜のショーなんかもあって、12時過ぎまで堪能しました。
ですがだんだんとさらに人が増えて行って、最後にはすごいことになっていました。

家族で平和に楽しむには我が家の子供たちの年齢構成が限界だったかなというのが実感です。
子供たちがあと1歳ずつ小さかったら、抱っこー抱っこーで親も抱っこで疲れちゃって、みんなもたなかったと思います。
ベビーカーは持ち込み可でしたが、持ち込んでも満足に押して歩けない状態で、皆さん大変そうでした。
空いてる時にゆっくりのんびり見て回りたかったなぁ。

帰りに車で少し走った所にあるデニーズでお昼を食べました。
低アレルゲンプレートに「ご飯増量できます」と書いてあったのですが、前からそうでしたっけ?
ありがたいことに低アレプレートのあるファミレスがどんどん増えて来て、デニーズに行ったのは久しぶりでした。

子供たちは2人ともご飯大盛りで注文。
どれくらい大盛りで出て来るのかな~と思っていたら、通常は山1つのご飯が山2つ盛られて出て来ました。
ボインな感じ。
ついでに旗も2本立っていて何だか笑えました。もったいないから1本でいいです。

子供たちが大きくなって、お出掛けも楽になりました。


「おかーさんってさー、たまごなくてもオムレツつくれるじゃん?
タロウがこむぎこたべれなかったら、こむぎこつかわなくてもパンつくれるじゃん?
おかーさんってさー、アレルギーのこどものおかーさんにちょーどいーよね♪」

「タロウ、おかーさんがおんなじよーにきゅーしょくつくってくれるからね、だいじょーぶだよ♪」


いつもありがとう、にぃにぃ。


頑張れ!タロウ!!
ミニ丼(鶏の炭火焼き) ⇒ 鶏(塩・コショウ)のフライパン焼き・グリーンピース
りんご&カスタードパン ⇒ りんご&カスタード入り米パン(サンヨー小麦ゼロ米粉パンミックス粉使用)
メンチカツ ⇒ 具:鶏ひき肉・たまねぎ・塩・コショウ・タピオカ粉、衣:タピオカ粉→水→米パン粉
海鮮シュウマイ ⇒ ホタテ缶・ツナ缶・チンしたキャベツ・たまねぎ・塩・コショウ・醤油・タピオカ粉、 ライスペーパー
サツマイモのレモン煮 ⇒ サツマイモ・レモン汁・グラニュー糖
かにかまぼこ ⇒ アラスカ(風味かまぼこ)
バナナ


来ました来ましたよーいよいよ給食の日が!!
献立表が届いた日から他のことが手に付かず、オロオロウロウロ。
1週間も前から作るわけにも行かないのに落ち着かない。で・・・、

オイラたち出番はいつだい?
    とりあえずパンだけ焼いて冷凍してみたり、




こんなに誰が食べるんだい?
    こんなことしてみたり、
    (もちろん本物の卵じゃないですよ。)




他にしなきゃいけないことはたーーっくさんあるにも関わらず、ただただどきどきオロオロと過ごして来ました。

そして昨日。
シュウマイなんて作ったことないし、メンチカツもうまく行くのか怪しかったし、
とりあえず夜のうちに切るものだけ刻んで、サツマイモのレモン煮だけは作って寝ました。

いよいよ今日。
一応早起きしましたが、何だかあっけなく仕上がってしまい拍子抜け。
家族全員分を作ろうと思うとものすごい労力ですが、必要量だけならかわいいものです。
人生で初めて朝から揚げ物しました。
とりあえずシュウマイが形になってほっとしました。

仕上がってタロウを送り出し・・・、

いろんな思いで感慨無量。

どんなに頑張っても、
どんなに心を砕いても、
私がしてあげられることは、ここまでなんだ、と。

頑張れタロウ!頑張れ!頑張れ!
母さんは、精一杯の気持ちであなたの帰りを待ってるからね☆


もう既に何度となく作っているたけ夫さんのデビュー作 『小麦ナシ餃子』
先日ふと思い立ち、マッシュポテトを作る手間を省略、すり下ろしたジャガイモに水少々と片栗粉少々とを加え、
電子レンジでしばしチンして使ってみました。

うまく行きました。

マッシュポテトのような瞬間的かつ強力な接着力はありませんが、具をはさんで強引に折りたたみお皿に置いておけば時間と共にライスペーパーがしんなりしてうまくくっつきます♪
チンしたポテトが冷めてくれば再度チンすればより扱いやすくなります。

~~~~~~~~~~

ついに購入しました。フードプロセッサー。と言ってもお安い型ですが。

パン粉作りのために張り切って引っ張り出して来たミル、お役目2回で壊れてしまいました。
彼には少々荷が重かったようです。
間もなく始まる給食作りのため、買ってみました、使ってみました。

すげーーー。

カルチャーショックです。すごいねすごいパワーだね。おりこうさんだね。
早速コロッケ作りました♪

カルチャーショックを受けながらいただく
    作り方はサトワカさん方式で忠実に。






※ 『タロウの幼稚園生活』 カテゴリを新設しました

早いもので入園から丸1週間登園し、今日からいよいよお弁当が始まりました。
先週いっぱいは短縮保育。毎日1つずつお菓子が出ました。タロウが乗り越えるべき最初のハードルです。

園長先生には入園面接の際の「立ち話」で、食べられないお菓子が出る時には代替品を持参させたいとお話してありました。
その時には、「まあ毎回毎回お母さんが用意なさるというのも負担が大きいでしょうから・・・」という何とも曖昧なお返事をいただいただけで、具体的な対応策についてはお話はありませんでした(その時点ではまだ入園前に面談の時間を取っていただけると思っていました)。

入園式当日に食べられる市販のお菓子のリストを画像入りで提出したのですが、どうやらあまりの少なさにびっくりなさったもよう。
登園初日に早速担任の先生よりお手紙があり、
  家で食べているお菓子をもっと具体的に教えて欲しい
  ○○や△△は食べられますか?
といった内容のことが書かれていました。
○○も△△も食べられないってば。てか○○なんてもろ小麦じゃん。
だからさー、そんじょそこらのスーパーに売ってるお菓子のことはだいたい知ってるってばー!と叫びたい気持ち。
ですがそこはぐっと抑えてお手紙を書きました。
 「本人にはみんなと同じ物が食べられない日もあることは伝えてあります。
  先生がきちんと説明して渡して下されば、本人も納得すると思います。
  それでもみんながクッキーの日は自分もクッキーがいい!と本人が望むようであれば、
  食べられるものを持たせることも考えています。」

その手紙を持たせた登園2日目。バスから降りるなりタロウがまくしたてました。

「あのね!きょーはね、タロウがたべられないおかしだったんだよ。
 だからタロウくんはこれにかえようねってせんせーがおせんべいわたしてくれたんだよ!
 せんせーちゃんとタロウのアレルギーのことわかってたよ!!」

一瞬タロウの気持ちが読めず、ただただ胸がいっぱいになりました。
自宅まで歩きながら改めてゆっくり話を聞いてみました。
するとどうやらタロウは、自分だけみんなと同じ物が食べられなかったことが「悲しい」とか「イヤだった」とかでは全くなく、「先生はちゃんとオレを守ってくれた」という意識でいるようです。

タロウ、あんたって・・・すごいなぁ。

自宅に戻ると私の中でいろんな気持ちが入り乱れて、わーっと泣いてしまいました。
登園2日目でいきなりそんな経験をさせてしまったこと、「1人だけ」をタロウが平気で受け入れたこと、タロウがそのことを私の思いも寄らなかった角度から受け留めたこと。
私がうじうじ思い悩んでいたハードルを、当の本人があまりにも軽やかに飛び越えてしまって、何とも表現できない切ない気持ちでいっぱいになりました。

それから1週間の間、みんなと同じ物が食べられた日とそうでない日が半々くらいだったようです。
ですが1人だけ違ってもあまり気になっていない様子のタロウ、逆にみんなと同じ物が食べられた日に「そう!今日はみんなと一緒だったの!良かったねぇ。」と言っても「なにが?」という感じ。

そして今日からお弁当が始まりました。
これからはイベント時以外でお菓子が出ることはありません。
私はそのことにほっとしていたのに、バスから降りて来たタロウ、「きょうはおかしでなかったよ。」とふてくされ顔です。
どんな心臓してんだか。

そんなタロウですが、最初に1人だけ違うお菓子を食べた日の夜、お風呂でとても印象的な言葉を発しました。

「たまご(の入ったお菓子)たべれるひと、いーーーっぱいいたよ。」

自分がいかに希少な存在か、そのことに気付くにはまだ至っていないようです。
そこが次のハードルかな。

完食!!
    タロウ幼稚園生活初のお弁当





... 続きを読む
ご報告が遅くなりましたが、いよいよアレっ子幼稚園生活が始まりました。
昨秋から入園式当日までの流れをまとめて書いてみます。

・昨秋の面接前日
在園していたにぃにぃ絡みで園へ行く用事があったので、下の子の入園を希望していること、
食物アレルギーがあるので、明日、面接担当の先生だけではなく園長先生にもお時間をいただきたいことを
事務の方に伝えました。

・面接当日
面接は、願書に記入したアレルギーの状況について確認し合って終了。「後は園長とお話して下さい」と。
入園の手続きをしていると園長先生が私を見付けて近づいて来て下さり(私の顔は既にご存知)、
入園に際しては診断書を提出して下さい
食べられる市販のお菓子のリストなんかも書いて来て下さい
担任が決まりましたら改めて詳しいことをお聞きします
給食に関しては、お申し出通り容器をお貸しします
といったことを立ち話で簡単に告げられ、終了。少々呆気にとられて帰宅。

・にぃにぃの卒園間近
私「担任の先生が決まられたらお時間をいただけると伺っていますが、ご連絡をお待ちしていればいいでしょうか。」
園長「ええまあそうね。まだ担任も決まっていないですし。それはまた4月に入ってからね。」

・4月に入った
音沙汰なし

・入園式前日
もしかしてこのままさらっと入園させられちゃう?明日もさらっと終わっちゃう?と不安がよぎり、
用意していた 『食べられる市販のお菓子リスト』 に加えてさらにA4で1枚、今までの経過や現状、
お願いしたいことなどをぎっしり書いたものを作成する。

・入学式当日
さらっと入園。
園長とは廊下でバッタリお会いしバッチリ目もあったのに声は掛からず。
初々しい担任の先生に、診断書+お菓子リスト+ぎっしり書きA4をバーンと渡し、退散。
帰りに園長先生の所へ行き、「どうぞよろしくお願いいたします。」と深々と頭を下げて帰る。
それ以上は引き留められもせず。

とまあこんな感じで園生活が始まってしまいました。
タロウは幸いにも今まであまり激しい症状を出したことはないですし、
毎朝私は隣で小麦の食パンをいただいていますが、何も起こったことはありません。
うどんは10cm食べただけで症状を出しましたが、牛乳はかぶっても大丈夫ですし、
アレルゲンも本人が食べなければ命には別状はないかなというのが現在の私の感触です。
なので事前に面談の時間さえ設けていただければ、あまり事細かに先回りした文書は提出しないでいようと
思っていました。

が!ここまでの流れ、ちょっと私怒ってます。プチ憤慨。
なのでA4用紙にはちょっとちゃんとしっかりきっちり書かせていただきました。
ちなみにこちらの幼稚園、給食の日にお弁当持参のお子さんはどうやらタロウが初めてのようです。
面接で、かなりベテランな先生に、
「給食の日にお弁当を作って来られたいと書かれていますが、アレルギー用の給食があることはご存知ですか?」
と質問されました。
「アレルギー用の給食は、卵しか除去してくれないことはご存知ですか?」
と質問し返したい衝動を抑えるのが大変でした。
アレルギーに関してはそんなレベルです。

ここまで書いて今さらですが、園の方針自体は私はすごく納得できています。
先生方の情報の伝達、管理も徹底されています。

さてさて、どうなりますかね。


ニセモノだよ~


いよいよ幼稚園の給食献立表が届きました。・・・いきなり 『オムライス ケチャップがけ』 とな。
わたくし、卵料理のコピーを作ったことがありません。だって今まで逃げてれば良かったんだもん。

ここはいっちょとりあえず作ってみるかと思い立ち、頭に浮かんだのがそう、
ナオさんの 『マクロビオティック風のチキンオムライス』
が!!!
豆腐好きの私、コピーした料理に漂う豆腐 or 豆乳の香りがどうしても受け入れられません。
ついでに、熱~いお抹茶好きの私、抹茶スウィーツがどうしても受け入れられません。甘くするなーーっ!!

というわけで、長芋のフワフワパワーとクリームコーンの色目だけを拝借してみることにしました。
<材料>
  長芋 50g(すり下ろした量)
  クリームコーン 50g
  米粉(リ・ファリーヌ) 15g
  水 10g
  片栗粉 5g
  塩 少々

<私の作り方>
  長芋をすり下ろした容器を計りに乗せ、他の材料を計りながらどんどん加えて行きます
  全体をよーく混ぜ、薄く油を引いたフライパンへ流し込み、それらしい厚さに延ばします
  蓋をして2分蒸し焼きに → 裏返してさらに1分ほど焼きます
  焼き上がったものを、お皿に載せたチキンライスの上に乗せた後、
  上からキッチンペーパーでぎゅっと包み込んで成形します(普通のオムライスを作る時もそうしています)

出来上がったのが冒頭のものです。
かぼちゃパウダーの黄色パワーが必要かなと思っていたのですが、
本物の卵ってそんなに黄色いものじゃないんですねー。

↓ にぃにぃ用に作ったホンモノはこちら。今年になって初めて卵を買いました。
ホンモノだよ~
    タロウ「ほんもののたまごはしろいところがあるんだねー♪」
    飛び散るのが怖くて、ガーっと混ぜられなかったのよ(涙)。




さて、タロウの感想はと言いますと・・・彼はオムライスなるものを知らなかった・・・ごめんよタロウ(涙)。

それよりも大喜びしたのはにぃにぃです。「うわぁ~オムライスだ~♪♪」と。
ルンルンなにぃにぃにつられてタロウもハイテンションに。「これえほんでみたことある~♪」
2人とも、おいしいおいしいと連呼しながら食べてくれました。
にぃにぃはあっという間にたいらげると、「たまごだけおかわりちょーだい♪」。
やっぱり卵って子供にとってはおいしんだなぁ。
私もタロウと同じものをいただきましたが、オムライスだと思わなければそれなりに食べられる料理でした。

こんなことをしてみましたが、給食に卵のコピーを入れることを実は少し迷っています。
卵除去の給食には入っていないわけですし、卵焼きやオムレツなどあからさまに卵そのものな料理は
最初からきっぱりと「食べられないから入れないね」と言っておいた方がいいのではないかと。
でも・・・既に入園2日目からタロウは、クラスで1人だけ違うお菓子を食べる生活が始まっています。
最初の給食くらい、バーンとみんなと同じ見た目にしてあげたいな。ううう、私はやっぱり甘いのか。

オチ。
再度献立表を見てみると・・・ 『オムライス』 じゃなくて 『オムレツ』 だった。塊かよ(涙)。


~ タロウ編 ~
<絵本袋>
絵本袋
    タテ28cm×ヨコ38cm×マチ4cm

      園指定のサイズより若干大きめに作製
      バカ正直にきっちりサイズで作ると
      微妙にお絵描き帳がヨコに入らないのですー



<ランチセット>
ランチセット
    お弁当袋
      タテ14.5cm×ヨコ28cm(マチ巾含む)×マチ10cm
    コップ入れ
      タテ13.5cm×ヨコ14.5cm×マチ9cm
    ナフキン
      タテ26cm×ヨコ34cm(園指定サイズ)


箸箱デカイよ
    ポケモンのお箸セット(3点入るやつ)はデカい!
    なので横長~なお弁当袋にしてみました





~ にぃにぃ編 ~
<上履き入れ>
上履き入れ
どこまで伸びるのか?!

  タテ27cm×ヨコ20cm×マチ6cm
  ←19cmの上履きを入れたところ
  マチ分が下がるのでまだまだ余裕有り
  さてさてどこまで大きくなるのでしょうね

  裏には家にあった薄手の帆布を張り、
  間に薄手の接着新を貼りました
  持ち手は裁縫箱の中にあったテープを使用
  100均で買ったDカンを付けました

<体操着袋>
体操着袋
おんぶにおんぶ♪

  タテ35cm×ヨコ30cm

  ←こうしてランドセルの上に
  背負うそうな
  なのでランドセルよりあまり
  大き過ぎない方が
  いいらしい

<給食袋>
給食袋
給食セット

  タテ23cm×ヨコ15cm

  スプーンが必要な日はセンターのものを
  使うそうです



以前、子供たちが語る 『将来の夢』 について記事にしました。 → こちら
あれからもう半年以上。
先日夕飯を食べていたらタロウがいきなり言いました。

「オレ、おーきくなったら、おいしーごはんつくるひとになる♪」

お付き合いしていただいている何人かのアレっ子ブロガーさんのお子さん(いずれも女子ですが)たちが、
「ケーキ屋さんになりたいと言った!」
「パン屋さんになりたいって!」
と書かれているのを何度か目にしたことがあります。

親バカなのは百も承知で書きますが、 ↑ のタロウの夢も、彼女たちの精神に通じるものがあると信じたい。
毎日努力していることが、ちゃんと子供たちに伝わっているんだと、信じたい。

ちなみににぃにぃの夢は変わらず、
「おうちをつくるひと♪」

今回のタロウの発言を聞いてにぃにぃは、2階建てのおうちを建て、下はお店にしてタロウがご飯やさんを
開く計画にしたそうです。
2階部分には、「おかーさんとおとーさんをよんですませてあげる」んですって♪

アレっ子の皆さん、一緒にフードコート作りませんか?
ただし上に私が住んでいますが。

ちなみにタロウのお店は夜8時には閉店して、それからタロウは家族のご飯を作るんだそうな。 ← にぃにぃ案


は、は、はるやすみ・・・、終了~~~~~。ぱちぱちぱち

今日にぃにぃの入学式でした。
明日はタロウの入園式です。

3度3度のご飯に追われ、花見に追われ、ミシンに追われ、さんすうセット他膨大な量のの名前付けに追われ、
さらに膨大な量の名前「付け替え」に追われ、
ついに昨夜は「寝坊して入園式に出られなかった!」という悪夢に追われました。

たった今、幼稚園に提出する 『食べられる市販のお菓子リスト』 をプリントアウトし、とりあえずの作業完了です。
まだ作れていないにぃにぃの給食袋は、来週の給食開始までに何とかすることにします。
タロウのパンツや靴下の名前は、毎日履く都度、追われるように書いていくことにします。
ま、ね、お友達とパンツ履き違えてもアナフィラは起こさないでしょう。

何か、頑張ったのに、不完全燃焼。
夏休みの宿題をため込んだ経験のない私には、とっても気持ちの悪い春休みの終わり方です。
でもね、もう・・・無理。

明後日には束の間1人の時間がやって来る!と思うと信じられない気持ちです。
1人の時間って言っても、タロウの園バスが9時に出て、にぃにぃは10時半に帰って来るんですけどね。あはは
タロウの帰宅が13時なので、にぃにぃを例のラーメン屋に連れて行ってあげようかなと目論んでいるのですが、
どうでしょうか。
やっぱりタロウにバレたことを考えると、してはいけないことでしょうか。
2歳1ヵ月差でタロウが生まれてからずっと、にぃにぃと2人きりの時間なんてありませんでした。
だから有意義に過ごしたい。
ミスドとかマックとか、連れて行ってあげたいんです。

母親失格かなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。