上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外は嵐


みるまゆさん『煮りんごのタルトケーキ』 を久々に。リ・ブランで作るのは初めてかな?さすがリ・ブラン、よく持ち上がりました。ラム酒を切らしていたのでバニラオイルを少々。シナモンは私が苦手なので省略。

りんご隊列乱れる

これ、甘味は本当にりんごとレーズンだけなんですよね。一般的なスイーツの甘さに慣れていらっしゃる方には物足りないかも知れませんが、我が家の子供たちにはじゅうぶんなようです。私が焼くと、タルトと言うよりりんごパンって感じですが。

伯母作のジャムが沢山届いていたので、以前作っていたお豆腐ブラウニーを思い出して、ついでにコフさんお元気かなーなんて思い返しつつ、リ・ブランでブラウニーもどきを。

早く中を見たいっ ちょっと弱腰な味

あれこれ本を参考にしつつ最初に作ったものがちょっとビターかつ重たかったので、軽めに。これなら子供たちも食べてくれました。材料はこんな感じ。

<材料(ミニパウンド型(20cm×7cmくらい)で)>
・リ・ブラン 50g
・コーンスターチ 10g
・ココア 10g
・BP(ラムフォード) 3g
・菜種油 15g
・メイプルシロップ 15g
・豆乳 70g
・ネーブルオレンジのママレード(伯母作) 大さじ1.5くらい
・味噌 小さじ0.5
・炒りごま(白) 10g
・バニラオイル 適当
混ぜるだけ。180℃18分くらい焼きました。

本当はアーモンドダイスを入れたかったのですが、最近アーモンドを多用しているのでごまを入れてみました。味噌の存在価値は不明。

先日から焼いているオートミールクッキーもまた焼きました。

マズそうだよね・・・

ドラえもんを見始めた子供たちの「おかーさん、きょう2じかんスペシャルだってー!」の声に、目先にあった30分が突然2時間に延長。なので暇潰しに梅の型に生地をぎゅうぎゅう押し込んで焼いてみました。
米粉の一部をライ麦(定期摂取が目的)に替え、セリアで購入したオレンジチョコチップを入れてしまったため、何だかすごく恐ろしい色目な生地になってしまってどきどきしましたが、無事おいしく焼き上がりました。って超おいしかったんだよこれが。
せっかく梅なクッキーを焼いたのに、キュートなピンクの容器、とかがない我が家。トーマスのお弁当箱でごめんなさい。


スポンサーサイト
2009.03.17 ワオ!
合うお皿がないの
バナナのタルト


何だか私的にすごくミラクルなお菓子を作ることが出来ました。
卵・乳・小麦不使用。豆乳やアーモンドパウダー、オートミールなどは使っています。他には米粉(リ・ブラン)、コーンスターチ、メイプルシロップ、菜種油、バニラオイル、てんさい糖、BP、など。あと少量のライ麦も使用しましたが、これは定期摂取を目的に加えたもの。リ・ブランでじゅうぶん代替可だと思います。

タルト地は先日と同じクッキー生地。あれれ?こないだのは何であんなにこんがり焼けたんだろう。焼き時間が違ったか?
前回はオートミールが途中でなくなってしまい予定の半分量しか入っていなかったのですが、タルト地に使うにはあれくらいが良かったかも知れません。今回のはちょっとサクサクし過ぎていたかな?
フィリングはマクロビのアーモンドクリームです。パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏著 『あまくておいしい!砂糖を使わないお菓子』 より、表紙にも掲載されているストロベリータルトのページにあったアーモンドクリームのレシピで。全粒薄力粉→リ・ブラン、強力粉→ライ麦に置き換えました。
クッキー地に流し込んだアーモンドクリームの上にスライスしてレモン果汁を振ったバナナを乗せ、180℃で約32分。最後の10分ほどは170℃に落としました(←根拠はない)。
作りながら、ちょっと甘味が足りなかったかな?と思ったので、焼き上がった後に少量のりんごジュースを加えたりんごジャムを塗りました。

切るとこんな。
もっとウマそうに写ってよ

いやー、こないだ経験値の低い頭で無理やり考えて無理やり作ったチーズタルトもどきより、よーーーっぽどおいしかったです。
アーモンドクリームのタルトっておいしそうだな~とずっと思っていました。でも卵ないと作れないよなーって。
本格的な本物をよく知らないのでよく分かりませんが、アーモンドの香りがして幸せでした。

オートミールクッキーもまた作りました。
今回は、セリアで購入していたキャラメルチョコチップ(乳使用)を入れて。タロウと一緒に成形しました。
雪だるまもいるよ
キャラメルチョコチップ、激しく溶けた。使い方合っているんだろうか。

そうそう、イオンでこんなの見付けました。
どなたかレポを~~~

裏はこんな。
これは使えるかも! これは使えないかも

どちらも卵を加えるよう書いてありますが、どうにかしてみよう。ってクッキーの方はこの配合じゃああまりミックス粉の意味ないかも。舞い上がって買ってしまって失敗だったかも。ホットケーキミックスに期待。

~~~~~~~~~~

明日から幼稚園、小学校と卒園卒業式が続きます。同じ日じゃないのがまためんどくさい。幼稚園は年中少児は休園。小学校では卒業式の日1年生は9時に帰って来ます(じゃあ行くなよ)。そして連休明けが終業式。春休みの始まりです。
来年の今頃は、アレっ子の入学を控えてまたドッキドキな毎日を過ごしていることと思いますので、この春は満喫しようと思います♪


2009.03.16 がーーーん
少し前に、この不景気だか原料高かで各ファミレスでメニューの改変が始まった、といったようなことを新聞か何かで読んだのですが・・・、

モスのキッズメニューからゼリーの選択肢がなくなってたよ(涙)。

お願い、あのミニ絵本いらないからゼリー復活して。

ガストの系列に 『おはし cafe ガスト』 という店舗があって、そこの低アレメニューにはチョコバナナ(もちろん乳不使用)やポテトが付いていてタロウは一番のお気に入りだったのに・・・、

ポテトがかぼちゃになってたよ(涙)。
おまけにカレーがなくなって、アレっ子にとって貴重な「選択する」っていうことが出来なくなってたよ(涙)。

ちょっと遠いけどいつも頑張って行ってたのにーーー。
コンタミ(揚げ油からの)の心配のないポテトが食べられるって、アレっ子にとってはおーきーのーーーっ。


2009.03.16 任務完了
先ほど、今年度最後の給食を作り終えました。
けっこう胸がいっぱい。

1年前の私に、

「何とかなるよ。大丈夫。」

って、言ってあげたい。

先日、タケ師匠のこちらの記事を読んで、思わず涙ぐんでしまいました。
タケさんの今までの道のりに比べたら、私のこの1年なんてまだまだ「ほぼ、平坦」なのでしょうが、でも、去年の今頃にはそれが「すごーく高い山とかあったりする激しくデコボコな道」に思えていました。

私が今のタケさんの立ち位置に到達するまで、あとちょうど10年です。
今、1年前の私に「大丈夫!」って言ってあげたいのと同じように、10年先の私も、今の私に向かって「大丈夫だよー!何とかなるから!!」って、言ってくれてるかな。
「それより、にぃにぃが大変よー!口きいてくれないわよー!!」なんて叫んでたりするのかなー。
きっと、大変だったことなんか頭から消え去ってしまって、園バスから転がるように降りて来たタロウが弾丸ダッシュで私のお腹に飛び付いて来る毎日や、畳に広げた新聞を読んでいると必ずにぃにぃが背中に乗って来る日々やなんかを、懐かしく思い出すのでしょう。

とりあえず、最初の1年が何とか無事に終わりそうです。今の幸せに感謝☆


含め煮、ナマではありません

・ご飯
・つくねの照り焼き ⇒ 鶏ミンチ・たまねぎ・豆腐・片栗粉・塩・ナツメグ、トマトケチャップ・中濃ソース(ブルドック)
・ミニ五目寄せの含め煮 ⇒ たら・人参・グリーンピース・たまねぎ・ひじき・豆腐・片栗粉・塩・醤油、鰹だし・醤油・みりん
・ハニーコーン味コロッケ ⇒ ジャガイモ・コーン(缶詰)・たまねぎ・塩、衣:タピオカ粉→水→粉砕コーンフレーク、菜種油
・枝豆 ⇒ 枝豆(冷凍)
・ポテトサラダ ⇒ ジャガイモ・ミックスベジタブル(冷凍)・マヨドレ
・洋梨 ⇒ ラ・フランスのシロップ煮(伯母作)

「照り焼き」と言いつつ作るといつも「ハンバーグじゃん」と思うので、ナツメグも投入して思いっ切りハンバーグな気分で作りました。

~~~~~~~~~~

ぶどう代返せー

・ミニ丼(穴子) ⇒ ご飯・タラ・醤油
・きな粉揚げパン ⇒ 米粉揚げパン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・、菜種油)、きな粉・てんさい糖・塩
・ごぼう入りメンチカツ ⇒ 鶏ミンチ・ごぼう・たまねぎ・人参・豆腐・片栗粉・塩、衣:タピオカ粉→水→米パン粉、菜種油
・厚焼き卵 ⇒ ジャガイモ・かぼちゃ・片栗粉・塩・水
・海鮮シュウマイ ⇒ タラ・たまねぎ・キャベツ・エビ・豆腐・片栗粉・塩・醤油、ライスペーパー
・大学いも ⇒ サツマイモ、菜種油
・ぶどう ⇒ ぶどう(名称忘れた)

穴子は買いに行くのが面倒だったので、シュウマイに使ったタラの一部をホイルに包んでトースターで蒸し焼き?チックに火を通して刻んで乗せました。ちょっと白過ぎか?と思い、最後に醤油をかけました(←すごい適当)。
大学芋はサツマイモを素上げしただけ。衣を絡ませる時間がなかった。
そしてタロウはお休みしました。チーン。

~~~~~~~~~~

タロウ初褒めのパン♪

・おにぎり(梅) ⇒ ご飯・焼き海苔・梅干し(市販品)
・プチチョコパン ⇒ チョコクリーム入り米粉パン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・牛乳、チョコクリーム(トップバリュ(乳使用です)))
・バター風味コロッケ ⇒ バター風味はしない普通のコロッケ(ジャガイモ・たまねぎ・塩、衣:タピオカ粉→水→粉砕コーンフレーク、菜種油)
・野菜炒め ⇒ 豚肉・キャベツ・たまねぎ・人参・ピーマン・ガラスープ(ユウキ食品)・塩
・フランクソーセージ ⇒ ウインナー(みんなの食卓)
・オレンジ
・あんにん豆腐 ⇒ 牛乳・粉寒天・グラニュー糖・フルーツ缶の汁・水

フライやコロッケの衣にコーンフレークを使ったり米パン粉を使ったりしているのには特に意味はありません。コーンフレークの方がきれいな色(≒安っぽい色?)に揚がりますね。

~~~~~~~~~~

感無量

・カレーライス ⇒ 豚肉・人参・たまねぎ・ジャガイモ、ポケモンプチパックカレー(ピンクの箱)
・うずら卵 ⇒ 白玉粉・豆腐・水・かぼちゃ
・チキンナゲット ⇒ 鶏もも肉・トーフミール・たまねぎ・マヨドレ・ナツメグ・クレイジーソルト・コンソメ・米粉、衣:米粉、菜種油
・ブロッコリーのスープ煮 ⇒ ブロッコリー、コンソメ
・ミニトマト

チキンナゲットは普通の鶏の唐揚げを入れるつもりだったのですが、時間的に余裕があったのでネットでレシピをいろいろ見て作ってみました。子供には受けましたが私はただの唐揚げの方が好きだな。
デザートがないのって幼稚園児的にはいいんだろうか。
今年度の給食はこれで終了~~~~~。

~~~~~~~~~~

最近のお弁当。もっと違うメニューの時に撮ればよかった・・・。

キャラは統一しよう ヤベ、こっちもかぼちゃだ


2009.03.15 最近の遊び
氏名不詳のケーキです
名前の付けられないお菓子


ついにチャレンジしました!ゆうあんみぃさんの 『豆乳チーズケーキ』
って・・・おそっ!!あちらの記事からもう2年近く経ってるし。んーーーでもずーっと頭の中にあったんですよねー。
使っているのは、無調整豆乳、レモン水、豆乳ホイップ、リ・ブラン、はちみつ、てんさい糖、ラム酒、バナナ、寒天パウダー、なつはぜの実ジャム(いただきもの)、コーンスターチ、オートミール、菜種油、水、です。

焼き上がりはこんな。
左上はカケてるの

ビジュアル的にもお味的にも、約1年前のコレよりは進歩が感じられるものでした。チーズケーキとは断言し難いお味でしたが。
ゆうあんみぃさんがその後につくられたコチラを今度作ってみようと思います。

同じ豆乳クリームチーズ(作り方はゆうあんみぃさんのページ参照)とジャムを使って、リ・ブランでいつものケーキ。
そこまで膨らまなくても・・・
こちらの方がチーズケーキっぽい風味でした。見た目はチーズケーキじゃないけど。

~~~~~~~~~~

先日、伯母のブログで見掛けたクッキー。我が家で使える材料で何とかなりそうだったので、配合を教えてもらいました。

背景白過ぎ

使った材料は、リ・ブラン、オートミール、コーンスターチ、てんさい糖、菜種油、水、バニラオイル。
オリジナルレシピは、なかしましほさんの 『もっちりシフォン さっくりクッキー どっしりケーキ』 チョコチップクッキーです。こちらの薄力粉→リ・ブランに、全粒粉→コーンスターチに変換。水はレシピよりやや多め(倍量くらい)です。初回 ↑ はチョコを抜いて。
ザクザクとおいしくできたので、チョコチップを入れて焼きました。
左半分はコゲてるの
これ、最後に計量したオートミールが思ったほど残っておらず、半分量くらいしか入っていません。なのでザクザク感もやや足りない感じ。
冒頭画像のタルト生地は、このクッキーのチョコチップを入れる前のものを使いました。今までに作ったどのタルト生地よりもザックリ美味しく焼けました。

オートミールなんて使えねぇ!という方のために、オートミール→コーンフレーク(プレーン)に置き換えて焼いてみましたが、とてもじゃないけど噛めないシロモノが出来上がりました。残念。
子供と一緒に寝入ってしまっていたある夜、何だかものすごい音に目を覚ましそっと部屋を覗くと、帰宅した夫が立ったままそのコーンフレーク入りのクッキーをつまみ食いしていた、というエピソード付きです。

リ・ブラン、膨らませたら素晴らしいのですが、なかなかサクっとしたクッキーが焼けません。やはり私の経験不足か。誰かやってみて~~~。


続けようと思います。給食の記録。

~~~~~~~~~~

おにぎりの形がイマイチね

・おにぎり(岩のり) ⇒ ご飯・焼き海苔・岩のり(のりのつくだに 島の香)
・クリームクロワッサン ⇒ 気持ちだけクロワッサンみたく曲げてみた米パン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料)
・ミートボールとピーマンの炒め物 ⇒ ミートボール(鶏ミンチ・たまねぎ・米パン粉・絹豆腐・片栗粉・塩、衣:タピオカ粉、菜種油)、たまねぎ・ピーマン、トマトケチャップ
・さつまいものレモン煮 ⇒ サツマイモ・グラニュー糖・レモン果汁
・白身魚のチーズ天ぷら ⇒ たら・長芋・ピザチーズ・絹豆腐・片栗粉、衣:タピオカ粉→かぼちゃフレーク入り水溶きすり下ろし長芋→タピオカ粉→かぼちゃフレーク入り水溶きすり下ろし長芋、菜種油
・野菜ジュースゼリー ⇒ 野菜ジュース・アガー・グラニュー糖

何だか中途半端なパンになってしまったワ。みんなのパンは、「まえにおかーさんがつくったことあるパンににてた。」そうだがどんなパンだったのか真実は不明。作ったことあるか?

~~~~~~~~~~

いまいちピンボケ

・ご飯
・鮭塩焼き
・もやし炒め
・鶏の唐揚げ ⇒ 鶏もも肉・醤油・酒・塩、衣:米粉、菜種油
・プレーンオムレツ ⇒ ジャガイモ・かぼちゃ・片栗粉・水・塩
・いんげん
・一口がんも煮 ⇒ ひとくちがんも(ヨーカドーで購入)、醤油・みりん・鰹だし
・梅花かまぼこ ⇒ 大根餅のクッキー型抜き(大根・米粉・水・塩)
・黄桃 ⇒ 黄桃(缶詰)

ウメハナカマボコ・・・悩んで ↑ このようにしてみました。みんなのはお花の真ん中に何やら色が付いていたそうな。無理やり聞き出したので、色など詳細は不明。本人的には別に良かったようです。

~~~~~~~~~~

エビのサイズこれくらい?

・いなり寿司 ⇒ ご飯、いなりあげ(市販品)
・焼きそば ⇒ ライスパスタ(アレルギーヘルスケア)・豚肉・キャベツ・たまねぎ・もやし・塩・お好みソース(coop)
・大海老フライ ⇒ ブラックタイガー、衣:タピオカ粉→水→粉砕コーンフレーク、菜種油
・ジャンボシュウマイ ⇒ 鶏ミンチ・たまねぎ・キャベツ・絹豆腐・片栗粉・塩・醤油、ライスペーパー
・ハム ⇒ ボンレスハム(ニッセーハム)
・ミニーかまぼこ ⇒ ポケモン高野豆腐
・厚焼き卵 ⇒ ジャガイモ・かぼちゃ・片栗粉・水・塩
・大福 ⇒ 白玉粉・米粉(リファ)・グラニュー糖・水・粒餡(市販品)
・いちご

はーーー作ってて作り終わらないかと思った。お願い、大福はやめて(涙)。
この日は雨で、給食作りの合い間に夫を駅まで送って行ったりしたもので、みんなが出掛けて行って一通りの片付けを終えたら何だか主婦としての1日の業務を終了したような気持ちになって、激しく脱力してしまった。お願い、給食の日に雨降るのやめて(涙)。


ずーっとお天気悪いの
ういろう


我が家の乙女のために今年はケーキを焼こう!リブランならどうにかなるだろう!!がんばろう!!!と張り切りましたが玉砕しました。アレルゲン使いまくりでもまともに作ったことがないのですから仕方ないですネ。

そういう訳で気分を変えて、ういろう。 ←気分変え過ぎ
分量はこんな感じで。

<材料(12cm×12cm容器で)>
・米粉(リ・ブラン) 20g
・片栗粉 20g
・水 67g
・グラニュー糖 20g

以上が1段分の分量です(最初この1.5倍で作ってみたため、水の量が半端になってしまいました)。
これにまず、抹茶パウダー(セリアのものを使用)1gを加えてよく混ぜたものを中火で約6分蒸します。
蒸している間にまた ↑ 同じ分量で混ぜ混ぜし、蒸し上がった上から流し入れます。同じく中火で約5分。
またまた蒸している間に ↑ 同じ分量で砂糖を10gに減量し、このいちごベース1個を加えてよく混ぜ、蒸し上がった上からさらに流し入れます。そして最後にまた同じく中火で約5分。しっかり冷まして(私は一晩放置しました)から取り出し、カットします。
もっちりモチモチのういろうです。

切るとこんな感じ。
これは夜だったの
これは少し片栗粉を少な目にして作ったもので、やや層と層のつながりが緩かったです。

細かいことを言うと、冒頭画像のような容器の場合、同じ分量で作っても角の丸みで一番下の層が若干厚くなりますので、私的にはいちごの層を最初に作った方が良かったなと思っています。
電子レンジでもできないことはないですが、レンジ加熱の場合どうしても表面が波々になってしまいますので、それを3層続けると波々波々になって美しく出来ませんでした。

他の米粉でも出来ると思いますが、リブランは水との混ざり(水和性)がとても良いので、蒸している間にどんどん水と分離して行くということがありません。他の米粉だと蒸している間に少しずつ水分が浮いて来て、そこに次の層を流し入れると界面がバシっと決まらなくなることがあります。
最初、残っていたリファリーヌを使ってレンジで作ってみて大失敗した私です。

最後に、玉砕した雛まつりケーキ for 我が家の乙女♪
大きくは見せられないワ
小さい画像で失礼します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。