上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.29 はいよ
親愛なるあおいさまよりお料理バトンなるものをいただきました。
こういうのって全くの初体験でルールとかマナーとかよく分からないんですが、とりあえずガッシと受け取って走り出してみようと思います。
では行きまーす。


1.料理を始めたのはいつ?

ん?これは「小5の調理実習♪」と答えるのはKYか?
えっとじゃあ、学生時代、かな。


2.お料理を始めたきっかけは?

大学で一人暮らしを始めたから。


3.お料理をして良かった事は?

自分が食べたいものを作れる。子供のアレルゲンが入っていないものを作れる。


4.お料理をして悪かった事は?

頑張り過ぎると途中から洗い物が大量に発生し始めること。


5.自分の腕を思う存分ほめてください!

独身時代よりふっくらお肉が付いて頼もしい感じになって来たわ~♪ ←ええーっ?!


6.自分は料理に向いてると思う?

向いているんだと思います。苦痛ではないので。


7.主に何を作ってる?

子供たちを育てるためと夫をメタボから救うためのご飯とおかず。


8.あなたの料理に欠かせないものは?

高気圧。お天気悪いとヤル気が出ないしメニューも浮かばない。


9.ズバリ、あなたにとって料理とは?

家庭の中での私の存在意義。


10.次にまわすお料理上手3人を!

えっとこれはFC2に限るのか?限らなくていいから回したいお料理上手を挙げるとすれば、
サトワカさん、
タケ師匠、
伯母。

だけどサトワカさんは春休みでそれどころじゃないだろうし、タケさまもそんなヒマないっ!でしょうし、伯母のお料理ブログには時々個人的なコメを入れているのでここにリンクを貼りたくないの。

というわけでバトンはそこらへんに転がしておきますのでどなたか興味のある方は拾ってくださいませ~。

あおいちゃん、適当でごめんよ。でも私を思い浮かべてくれて嬉しかったワ☆ これからも仲良くしてねー。


スポンサーサイト
食物アレルギーの急速減感作療法について、主治医の講演を聴きに行って来ました。
その場で初めて知った最新情報!というものはさすがにありませんでしたが、知っているつもりでいても再度目にし耳にすることで改めて頭に入って来る事実というのはあるものですし、同じデータもその時々の我が子の状況によって受け留め方が違って来るもので、今回も大変興味深く勉強になりました。

会場では、長らく共に我が子の小麦アレルギーと闘って来たお友達と久々に再会することが出来ました。最近のアレルギー状況や通院のことなど、限られた時間で話しは尽きません。
偶然にもごくごく最近お互いに某業界最大手チェーンのハンバーガーが食べられるようになった私たち(の子どもたち)。会話の中でその話題になり、お互いに涙が・・・。

今までにっくき敵でしかなかったあのハンバーガーを食べられた日、その感激を報告した身の回りの人たちは皆心から喜んでくれました。
ですがこの心の底から湧き出るような安堵感、信じられない気持ち、その他言葉に出来ないいろんな感情を一番分かち合えたのは彼女だと、心からそんな風に感じた瞬間でした。人目を気にせずもっと泣けば良かった。

さてさて我が家の小麦の状況はと言いますと、現在毎朝6枚切りの食パンを1枚、数日に1回はその後昼食でうどんを食べるようにしています。うどんは乾麺で約60本まで来ました。症状は全くありません。
入学を控えていることもあり、米粉クッキングに情熱を注ぐことはそろそろ出来なくなりそうです。

いつか小麦粉が食べられる日が訪れても、米粉で美味しいものを作り続けよう。ずっとそう思って来ました。ですが現実はそう甘くはなく、食べられるようになったらなったで小麦の摂取を続けなければならない毎日が到来。今後は少しずつ小麦パンの勉強もして行こうと考えています。

初めて「何とか食べられそうな」米粉パンが焼き上がったあの日、これでどうにか集団生活に送り出せると心からほっとしたことを今でも覚えています。
お友達や先輩方からアドバイスをいただきアイデアをいただいて、私なりに幼稚園2年間を無事送り出すことが出来ました。

今まで、沢山の方が小麦アレを卒業(or引退?)して行かれるのを、何とも言えない寂しい気持ちで見送って来ました。
もしかしたら、今PCの向こうでこれを読んで下さっている誰かにも同じ思いをさせてしまっているのかも知れないと思いつつ、でもそれは今まで仲間としてここを見て下さっていた証なんだと、身勝手ですがありがたく感謝しています。

まだしばらくここは続けるつもりでいます。
今後ともお付き合いいただければ幸いです。


SN3G0470.jpg
タロウのお膳代替
~ 父の一周忌法要にて ~


この日のために父のコートをほどいて縫ったにぃにぃのズボン。

SN3G0474.jpg


この日のために父のネクタイををほどいて縫・・・おうと思っていたけどダイソーで見付けてしまったにぃにぃの黒タイ。

SN3G0476.jpg

~~~~~~~~~~

1年前、混乱の中でお義母さまがにぃにぃ用にと黒ネクタイを作って下さいました(タロウは幼稚園の制服で参列しました)。
義両親は、目まぐるしい日々の間ずっと子供たちを預かって下さり、お通夜、葬儀ではタロウのために代替食を作って下さいました。

おめでたい席と違い、悲しい出来事は突然訪れます。
遠く離れた地でのそんなこんなをアレっ子を抱えてどう切り抜けたのか、後に続く方々のために記録に残しておこうと思いつつ1年が過ぎ去ってしまいました。
記憶が途切れ途切れなこともあり、思い出したくないこともあり、やはり書けそうにありませんので、ここらで諦めようと思います。

1年間、沢山の方に支えられ無事過ごすことが出来ました。
母のそばで母を支えて下さった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも母の生き甲斐になるよう、しっかり子育てに励もうと思っています。

娘しか持たなかった父に、私が子供たちをどんな男の子に育てるのかを見てもらえなかったことが、ただただ心残りです。


2010.03.19 卒園しました
無事卒園式を終えました。

下の子では泣けないってアレ嘘でした。しっかり泣かせていただきました。
先生方はもちろん、今年は式典の間から子供たちも号泣。涙、涙のお式となりました。
当のタロウはいつもと変わらないように見えましたが、帰り際に担任の先生が私の耳元で囁きました。

「タロウくん、あの後(式が終わり退場してから)号泣だったんですよ。」

卒園式で号泣出来る6歳男児って素敵☆

卒園証書と一緒に、担任の先生が園生活の様子について書いて下さったお手紙をいただきました。その中にはアレルギーに関するエピソードも。
タロウが動物のエサやり当番になったある日、エサ箱に食パンしかなく、エサをあげに1人で行ったタロウが「こむぎこのパンしかないからあげられない。」と先生に言いに戻って来たことがあったそうです。それに続く先生からのお言葉には、「アレルギーに関して自分で受け入れられているようで、自分で自分の身を守る意識もしっかり見られます。」とありました。
やっぱりすごいです、先生。素敵な先生とご縁があり、私もタロウも幸せでした。

2年間アレルギー的に全くの無事故で保育して下さったことに、幼稚園に対して言葉では言い表わせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
お友達とギュウギュウで食事をすることにすら不安のあった入園前でしたが、毎日を無事に登園させていただけたことで、私にとっても「集団生活、やって行けるんだ。」という自信につながりました。

2年間、全然大変じゃなかったなー。

今、自然な気持ちでそう思っています。


<最後のお弁当> 
完食ありがとう☆

メニューのリクエストを尋ねたところ、タロウの口から出て来るメニュー出て来るメニュー全て給食で作った献立でしたー。
母さんのお弁当、イマイチだった?とほほ。
ですが2年間、お弁当も全て完食でした。ありがとう。

~~~~~~~~~~

このカテゴリも最終記事となりました。
66エントリをお付き合い下さった皆さま、ありがとうございました。
次回からは「タロウの小学校生活」、頑張ります☆


2010.03.17 急げ急げ
卒園式もまだなのですが、一瞬時間が出来たので作っておかなきゃいけないものを作りました。
サイズは全て2年前のにぃにぃのものと同じです。記録を残しておいて助かったわ~~~。

<上履き入れ>
たまにはピンクを縫いたいわ

<給食袋(2枚)>
結局ポケモンかよ

<体操着袋>
ヒモの色にまよったよ(涙)


本当はもっとシンプルに統一感のある感じにしたいのだけれど・・・。本人に生地を選ばせるとこうなりますね(涙)。

~~~~~~~~~~

<おまけ@昨夜の出来事>
「おにーちゃん、ちがうよ! 『へのへのもへじ』 の 『じ』 って ココなんだよ!しらなかったの~?!」


明日はお弁当ラストです。頑張ります☆


2010.03.15 無事終了
給食代替記事、ラストです。
ちょっと多いので折りたたみます。

... 続きを読む
2010.03.14 そんなもんだ
「最近はさー、 『タロウくんどうして(給食)違うの?』 って言われること、ないの?」

「いわれるよー。ときどき。」

「そういう時って何て答えるの?」

「えー?べつになんにもいわずにたべてる。」
「そしたらねー、ちかくのだれかがかってにせつめいしてくれてる。」
「かってにせつめいするのって、だいたいいっつもおんなのこなんだよねー。」


ゴメン拡大不可です~


相変わらずデコが下手でお恥ずかしいですが、雛祭りにサトワカさんの 『卵・乳なしスポンジケーキ』 でケーキを作ってみました。
デコ用クリームには ↓ こちらを混ぜ込みほんのりピンクに。

よろしく頼むよ どうです?奥様


さすがにフワッフワとは行きませんでしたが、久々に見た目華やかなものを作ってご満悦です。

もっと練習しないとね~~~


カットしたスポンジ上面部分&残りの材料はこうなりました。

残り物集合☆


2010.03.08 残りわずか
パン大失敗!

・トンカツバーガー ⇒ 米粉バンズ(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・豆乳)、トンカツ(豚肉、衣:タピオカ粉→水→米パン粉、菜種油)、中濃ソース(ブルドック)
・ミートソース ⇒ ライスパスタ(ケンミン)、ミートソース缶(coop)・コーン
・かに風味ロール ⇒ 本人の希望により省略
・ミニトマト
・ブロッコリーのスープ煮 ⇒ 塩茹でブロッコリー
・桜桃ゼリー ⇒ 黄桃缶、缶詰の汁・アガー・グラニュー糖・水

~~~~~~~~~~

パン大成功?

・おにぎり(たらこ) ⇒ ご飯・たらこ(瓶詰め、coop)・焼き海苔
・りんご&カスタードパン ⇒ 米粉パン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・豆乳)、白桃ジャム(伯母作)、カスタードクリーム(ニップン 『アリスの森へカスタードミックス』 ・牛乳)
・春巻き ⇒ 豚ミンチ・たまねぎ・キャベツ・人参・春雨・塩・タピオカ粉、春巻きの皮(市販品)、菜種油
・粉ふきいも ⇒ ジャガイモ・塩
・ビーフン炒め ⇒ ビーフン(ケンミン)・キャベツ・人参・ガラスープ(ユウキ食品)
・ちくわの甘辛炒め ⇒ ちくわ(coop)・醤油
・メロン

春巻きは市販の春巻きの皮を使いました。春巻き作ったの、私初めてだったかも・・・。

~~~~~~~~~~

タロウの顔カットしました

・ミニ丼(あなご) ⇒ ご飯、キス・醤油
・揚げパン ⇒ 米粉パン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・豆乳)、菜種油、粉糖
・野菜コロッケ ⇒ ジャガイモ・コーン、衣:タピオカ粉→水→パン粉、菜種油
・蒸し餃子 ⇒ 中身は忘れました、餃子の皮(市販品)
・海老団子の含め煮 ⇒ 何か白身魚・海老・塩・醤油・タピオカ粉、鰹だし・醤油
・アスパラガス
・バナナ

あなごを買うのが面倒だったのでフライ用のキスで代用しました。
コロッケでのパン粉、餃子の皮で小麦製品を使用。

~~~~~~~~~~

パンの砂糖は不要だったらしい

・若菜おにぎり ⇒ ご飯・ふりかけ( 『ごはんにまぜて 若菜とごま』 田中食品)
・バター風味プチロール ⇒ 米粉パン(サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・他材料・豆乳)、アイシング(粉糖・レモン汁)
・チキンカツ ⇒ 鶏むね肉、衣:タピオカ粉→水→パン粉、菜種油
・さんまのおかか煮いんげん添え ⇒ 缶詰の煮さんま、いんげん
・豆腐と卵のふんわり蒸し ⇒ 魚河岸揚げ(紀文)
・みかん
・いちご

一応生さんまも買っていたのですが、そう言えば家に在庫してある非常食の中にさんまの缶詰があったな~と朝思い出し、急遽そちらを使いました。楽チン♪

~~~~~~~~~~

卒園イベント第2弾のお手伝いに行って来ました。

... 続きを読む
最後のお題

※画像をそのまま貼り付けるのはちょっとお恥ずかしいので、リンクで失礼いたします。

<ドラちゃん>
サンヨー 『小麦ゼロ米粉パンミックス粉』 ・豆乳・ショートニング(トランスファットフリー)・てんさい糖・塩・ドライイースト・かぼちゃフレーク、菜種油、みりん(ツヤ出し用)、ニップン 『アリスの森へ カスタードミックス』 ・牛乳、チョコペン(黒・白:乳使用)、さくらんぼのゼリーみたいなの(鼻部分、セリア)

<ウインナーパン>
パン部分はドラちゃん( ↑ の「みりん」まで)と同じ、ウインナー(coop:乳使用)、トマトケチャップ(coop)、マヨドレ(日清)、パセリ

<唐揚げパン>
パン部分はドラちゃん( ↑ の「みりん」まで)と同じ、鶏もも肉・塩・醤油・小麦粉、菜種油


無事卒園のイベントが終了いたしました。いやー疲れた。2日前から全身に蕁麻疹が出たよ(涙)。てっきりタロウに激しい小麦負荷を続けている影響だと思っていたら、イベントが過ぎたら痒みと一緒にすーーーっと消えたよ(涙)。

ま、そんな話は置いといて。

当日は子供たちの合奏と歌の後、クラスごとにママたち(今年は1人もパパもばあばもいらっしゃいませんでした)の出し物がありました。各クラス約15分。けっこう長いです。そちらでもかなり胃が痛かったのですが、何とか無事終了。その後に園長先生を含めた先生方全員による出し物があり、それから会食となりました。

本人が「ドラえもんがいい。」と言いましたので(一応ジャイアンも提案してみた。←作れるの??)私なりに頑張りましたが、やはりずらーっと並んだ中でただ1人 ↑ コレというのは目立ちます。
さっさとドラちゃんから食べちゃって!と心の中で叫ぶも、タロウ本人はおいしそうに楽しそうに他のパンから食べて行きます。そして最後の最後にやっとドラちゃんへ。ふぅー。周りのママと自分が何を喋ってたのか全く記憶にないワー。
周りのお友達はタロウくんはそういうものだと受け入れているのか、タロウ本人も自分はこんなもんだと受け入れているのか、特に誰からのご指摘もなくツッコミもなく、和やか~な感じで会食終了。

帰宅後にタロウに尋ねてみました。「何でドラえもん最後に食べたの?やっぱ、ヤだった?」
「だっていちばーんおいしそうだったんだもーん♪ デザートみたいだからさいごにたべよーっておもったのー♪♪」
すーげーーー。

だけどやっぱりね、我が子がただ1人違うものを食べている場面を直視する、というのは切なかったです。同じ年の子が100人いてたった1人。これが現実なんだよねー。

その時のタロウの心の奥の奥まで見ることは出来ませんし、そこに至るまで本人がどんな思いをして来たのかを知ることは出来ません。ですが、入園する前の私には想像出来なかった最高な方向に成長してくれたんじゃないかな・・・なんて親バカですね。

2年前にぃにぃと同じイベントに参加した日、パンが出て、お菓子が山のように出されて、2年後を思って絶望的な気持ちになったことをよく覚えています。
こんな風にこの日を迎えられるのなら、2年前のあの日をにぃにぃと一緒にもっともっと楽しんであげれば良かった。今、それだけがちっちゃなトゲのように心に引っ掛かったままです。

でも・・・やっぱりにぃにぃの時に比べると、「卒園」っていう感動が・・・少ない・・・すごく、少ない。というか、ウルっと・・・来なかったーーー。確か2年前は歌を聴きながら号泣したんだよ、母さん。
タロウ、ごめーーーんっ。

応援&激励下さった皆さん、本当にありがとうございました。


アレルギーの主治医より、入学に際して学校側に提出する書類で主治医の記入&サインが必要なものがあると思うから3月の受診日までに学校に問い合わせておいて、と言われていましたので、小学校に電話してみました。

電話に出られたのは(恐らくお名前からして)事務長の方。大変丁寧に問い合わせに応じて下さいます。
しかし、何だか会話がいまいち噛み合いません。
いやいやいや4月に入らないと何も動き出さないことは百も承知でお電話差し上げているのですよ、必要な書類を教えていただければそれでじゅうぶんなのですよ。

噛み合わないままとても穏やかに親切なお話しが続いた後、一言お聞きしました。
「え?じゃあ給食開始までに主治医からの診断書が間に合わなくても大丈夫なのでしょうか。」
そしたらーーー!!何て仰ったと思います?ワタクシ耳を疑いましてよ。

「いえいえ、学校側に提出していただく診断書とか、そいうものはありません。」
「給食に関してはお母さまからのお申し出だけで大丈夫です。」

えええーーーっ?!まーーじーーーー???てかそれってマズくないですか?
診断書とか、除去指示書とか、アレルギー疾患用学校生活管理指導表とか、いらないの???
(注:「アレルギー疾患用学校生活管理指導表」の取り扱いにつきましては、サイト「学校保健」内「学校のアレルギー疾患に対する取り組みQ&A」参照)

これってやっぱり、給食での対応を一切していない自治体としての、強み?(爆)
じゃあさじゃあさ、うちの子はピーマン食べるとオエってなるからアレルギーってことにしとこ♪って「アレルギーです♪」って「申し出」れば、給食で堂々と食べなくても、いいわけ?

先日出席した食物アレルギー研究会では「今だにRASTの結果を貼り付けただけの診断書を出させている学校がある。」とお怒りモードなお話が展開されていましたが、それ以前だわ。

うーむーーーどうしよう。近隣のアレ仲間はみんなどうしてるんだろう。きいてみなきゃー。

「サインしていただくものはありません。」って言ったら主治医、びっくりするかもね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。