上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.28 初対面
初めまして☆
「えび・かに」のコンタミ表示


えび・かにが特定原材料に加わって以降こういう記載になるということはもちろん知識としては知っていましたが、実際にお目にかかったのは初めてで、何気なく目にして今さらながらにびっくりしてしまいました。

そっか、困ってる人はここまで注意が必要なんだなぁ。
と改めて。


スポンサーサイト
明日また週末かよ エビフライってどうやって入れるの?!
今日の給食代替とにぃにぃのお弁当


今日の代替食は、ナゲット(卵白使用)、キムチご飯(錦糸卵入り)、ミニタルト(全卵使用)。加えてにぃにぃは遠足でお弁当持ち。リクエストはエビフライ、唐揚げ、マカロニサラダ。そして連絡帳には「7時半には席に着いていること」。Oh!!

お願い、1年生もタルトが出る日に遠足行って~と思いましたが世の中そんなに上手くは行きませぬな。

にぃにぃには食べることで散々我慢をさせて来ましたから、彼のリクエストには最大限答えてやろうじゃないの!という意地みたいなものが私にはあります。さらに「遠足の何が楽しみなの?」と尋ねましたら、「お弁当♪」なんて言うんですものー、キムチご飯のおにぎりとナゲットを入れるわけには行きませんよねぇ。
お陰で久々に段取りを考えながら朝軽くパニクりましたが。

いやー毎日お弁当持たせてお仕事に行かれてる世のお母さま方(お父さま方)すごいわ、とただただ尊敬です。

... 続きを読む
2010.09.16 無事に☆1周年
1年よろしく♪
おニュー☆ (← 死語か)


エピペンが有効期限切れを迎えました。
先日の診察時に新しいものを処方していただき、無事役目を終えたエピペンは、診察室にてタロウが脱脂綿の塊にドスっと練習させていただいて帰りました。
私もやってみたかったんですけどねぇ、まずは本人からかなと思いまして。来年は母さんにやらせてね(本番はイヤよ)。

タロウには事前に何も伝えていなかったのですが、診察室でケースごと「はい。」と渡すとヤル気満々。と言っても普段からポーカーフェイス(無愛想とも言う)なタロウ氏、無表情のままクルクルと緑のキャップを外して本体を取り出し、グレーのキャップを取り、グーで握り締めてから、主治医が置いた脱脂綿の塊にえいっと打ち込みました。刺した後も冷静に抜き取り、ケースに戻し、針先が曲がったのを確認。再び緑のキャップをクルクルと締めて終了。お見事。

~~~~~~~~~~

「エピペンを持って下さい。」と言われたのは昨年5月に受けた小麦の負荷試験終了後。
我が子がエピペンを持つに至ったという事実は正直ショックでしたが、負荷試験で閾値を知り、限界量での症状を見られたからこそ、そしてエピペンが手元にあったからこそ、この1年で沢山のチャレンジをして来ることが出来たと思っています。

エピペンくん、ありがとう。そしてこれからもよろしく。そしてそしてずっと「お守り」でいて下さいね。


... 続きを読む
成形も適当さ
適当クッキー@タピオカ粉


カシューナッツに挑戦しました。
2年前、ごく少量を食べて数時間後に顔にどんどん蕁麻疹が出た経験があります。それ以上の症状は出ず。摂取から発症までけっこうな時間がありましたので、原因が本当にカシューナッツだったのか再現性を見なきゃと思いつつ数年が経ってしまいました。だって怖いんだものー。

さてさて今回は、

とりあえず、微量クリア。

わざわざクッキーに入れることはなかったのですけどね、ま、気分も大事さ☆ということで。
明日以降、少しずつ量を増やしながら様子を見て行こうと思っています。

これまでクリアして来たナッツ類は・・・、
・ココナッツ
・アーモンド
・マカダミアナッツ
・クルミ

かな?そもそも「ナッツ類」という分類がよく分かっていないのですが。厳密にはゴマとかも入るんですかね?
あと他にメジャーどころと言ったら・・・ピスタチオ?(メジャーか?) RASTの項目にある「ブラジルナッツ」ってあれ、メジャーなんでしょうか。

しっかしナッツは怖い(小麦も相当怖かったのだが)。
はぁーまた寿命が3日は縮まったわ。

ま、良かった良かった。


2010.09.10 久々に
シロップ煮送って下さーい
一応タルトのつもり


お菓子を焼きました。いつぶり???

レシピは以前にもご紹介したサイト 『幸せの楽しいお菓子レシピ』 さまより、 『砂糖なしのアーモンドタルトレシピ♪』 を参考に。
オレンジ100%果汁は白桃のシロップ煮のシロップで、オレンジリキュールはラム酒に替えました。
アーモンドクリームを流し込んだ後、スライスした白桃のシロップ煮(伯母作♪)を乗せました。
焼き上げは18分とありましたが、5分ほど追加したかな?

小麦粉を必死に米粉や他の粉類に置き換えていた除去食生活を経て、解除が進んでからは強力粉を薄力粉に置き換えたり量を考えながらカットしたりして来ましたが、今回初めてレシピ通りの全粒粉を使用。量も計算せずカットして食べさせました。
ただ今タロウは1カットを食べて外に遊びに出掛けて行きました。まあもうショック症状にはならないでしょう。と思いつつ、すぐに出掛けられる(病院へ、ね)身支度を済ませていたりする私ですが。

とにもかくにも、久々にしては美味しいものが出来上がって良かったです♪


... 続きを読む
2010.09.01 2010夏 終了
でっかいクレープ?!
~ この夏の成果 ~


かなり無理やりオムってみました。超薄いです。まだまだ小さいです。
恒例の大きさ比較@eriさんにリスペクト☆

でっかい卵焼き?!

「これホンモノ?!!!」と叫びながら確認したにぃにぃくん、アレっ子ファミリーの一員として合格です。
ホンモノかニセモノかなんて、普通確認しないよね。

~~~~~~~~~~

ココからスタートした卵。
予想外の進行度合いに戸惑いつつ、気が付くとここまで来てしまいました。

slowでは成功率が下がるというデータがあることから、当初主治医からはこの夏のrushを勧められました。
でも思うんです。

確率って何?
って。

例えば「rushなら10人中8人上手く行くけどslowなら3人くらいです。」と言われても、それはあくまでも大勢を見ている立場からの統計に過ぎないのであって、当事者である私たちにとっては「上手く行くかいかないか」「100%か0%か」、結局は「○か×か」でしかないんですよね。だから私はとにかく試してみたかった。

予想外の順調ぶり(注:かかっている病院ではまだほとんど症例がないためです)に主治医も毎回驚いていらっしゃいますが、順調に行くか否かは本人の意識にも大きく左右されるのだということを、そばで見ている母親として強く感じています。

これまで、症状が全くなかったわけではありません。
それでも
「もっと増やしたい。」
「食べれるようになりたい。」
という本人の強い気持ちがあるが故に、日々突き進んで行くしかないんです。だって命に関わるほどの症状が出ないんだもの。どんどん進みたいタロウに対して、立ち止まる理由付けが出来ないんだもの。私1人だったらとうにくじけちゃってるよ。

これだけ日々食べていてもマヨお菓子で怪しい発症だったわけですから、まだまだ全然安心など出来ませんが、

本人が希望を持てているという現実、
私たちのわがままを受け入れて指導下さっている主治医、
これでダメならrushという選択肢もまたあったという環境、

そんなこんなな全てに感謝の気持ちでいっぱいです。

~~~~~~~~~~

以下はこの夏感じたあれこれをとりとめもなく。


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。