上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.31 ついに来たか
タロウ、学校でお友達からピーナッツ(殻付き)を差し出され、「食べてみて。」と言われたそうです。断ったところピーナッツを持ったまま追い掛けられ、後ろから首に乗せられた、らしい。

はぁ。

ちょっと話はそれますが、今年にぃにぃ@4年生のクラスにもピーナッツアレルギーの男の子がいました。にぃにぃはやはり何かと気に掛けていたようで、学校での様子を(その子の話「だけ」!)よく話してくれました。私からすればレベルとしては低いものばかりだったのですけど、アレルギーがあるがゆえでのからかいが何回かあったようでした。
私もネットやリアルアレっ子ママ友たちから、子供がお友達から「これ食べてみて。」「飲んでみて。」と言われたとか、給食中に食べられないものをわざと(?)机にこぼされたとか、中には口元に押し付けられた、といった話を見聞きして来ました。ですのでにぃにぃが学校でのそういった話を聞かせてくれるたびに、タロウには、これから学年が上がって来るとそういうことでからかわれたりイヤなことをされることがきっとあるからね、でも相手は事の本当の重大性をまだ理解してないだけで面白半分なんだし、タロウのことをちゃんと分かってくれるお友達だってきっといるからね、などなどを話して来ました。

話は戻って。

タロウに、どんな気持ちだった?と尋ねましたら、「別に~。」「あぁあぁこういうことして面白いんだろうなーって。」とケロっとした様子。若干強がりもあるのでしょうが、私から見てもそんなに深刻に凹んだという感じもありません。挙げ句、「お母さんに言ったら心配し過ぎるから言いたくなかったんだよね~。」ですって。

じゃあなぜそのことがバレたかと言いますと、そもそもは「オレってピーナッツ触ってもダメなの?」から始まりまして。本人としてはその件に関してはお母さんに話したくない、だけど触ってもダメなのかは確認したい、だったようで。まだまだ甘いですな。

殻付きでも中身だけでも、触るだけなら大丈夫なんじゃない?と言いましたら、「じゃあどこかへ投げ飛ばしてやれば良かった!」と。いやいやしっかり握って先生に告げ口に行きなさい!と言ったのですが、ヤツはしないだろうな。
とにかくひたすら逃げただけだったみたいです。

まあこれからもそういうことがあるだろうから、逃げようが投げようが構わないし、相手を殴ってケガさせちゃったら一緒に謝りに行ってあげるけど、とにかくおうちで何でも話してね、と念を押しておいたのですが、そのうち言わなくなるでしょうねきっと。

顔立ちとか体型とか、言葉に方言があったり名前をもじったら面白かったり。子供たちの世界では実にいろんなことがからかいの発端になりますね。それぞれに、する方とされる方とで受け留め方にギャップがあって。
タロウにはそういうファクターが1つ多いんだ、という風に私は受け止めていますが、今回、春休み中にほんの2時間ほどだけ登校した日にこういうことがあって、その子はもしかしてそのためだけにピーナッツをわざわざ持って来てたの?という思いが拭えず、ちょっともやもやしています。

今後エスカレートして行った時にどこまで親が介入して良いものか・・・難しいですね。


スポンサーサイト
~ クソババア ウッセーンダヨ と 言われたの。 これも我が子の 成長記念日 ~



月末恒例の翌月分給食原材料チェックを終えて、

3月、全部食べられる・・・。

何なんだ、この鼻の奥にツーンとこみ上げて来るものは。(3月って給食回数少ないでしょ、というのは置いといて。)

ちょうど我が家の男ども3人が近くにおりましたので、「タロウ!来月、ぜーんぶ食べられるよ!!」と、軽く雄叫びを上げてみました。

しら~~~。本人含め、しら~~~~~。

そうかいそうかい、みんなどうせ他人事だもんね。

2年前、入学した4月の「全部食べられる日」は2日でした。食べられるのがご飯と牛乳だけ、という日もありました。それを思うと・・・(涙)。
家での反応がちょっと寂しかったのでここに書いてみました。
ま、タロウ本人に泣いて喜ばれても切なかったでしょうけど。

何と言うか、フツーのお母さんになった気分です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。