上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しています。

タロウは先日マイコプラズマ肺炎に罹り、10日ほどほとんど食べられない日々を過ごしたところ、餃子2個でアナフィラキシーを発症してしまいました。
えええーどうしようどうしよう給食どうしようと思いつつ、体調の回復に合わせてごく少量から小麦を食べさせ始め、幸いすぐに元の量に戻すことが出来ました。
食べられない状態に「戻ってしまった」のではなく、体調不良時には要注意ということなのだと思います。
途中、「給食どうする?」と本人に相談しましたら、もうお母さんが作ったものは持って行きたくない、欠食でいい、とのこと。とほほ。

しかしいつになったら解放されるんだか。

~~~~~~~~~~

さて、5年とちょっと、最近はごくごく細々と続けて来たこのブログですが、そろそろ終わりにしようと思います。

アレっ子育児、「頑張り過ぎないで」という言葉をよく見聞きします。
ですが私は、自分なりに精一杯を超えるくらい頑張り過ぎる時期があってもいいんじゃないかな、とある時期から思って来ました。
アレっ子育児に限らず育児全般で、ですね。

ネットの向こうの、「お料理上手な誰かが焼いた素晴らしく美しい除去ケーキ」を見ながら1人孤独に凹む、なんてことはナンセンスですよ。
でも自分の能力をちょっと超えて、我が子のために頑張るのもいいんじゃない?と思うのです。
それは自分が、悔いのない子離れをするために。

どんなに頑張ったって、ある日突然「いらない。」と言われるんですもの。
その時の「あの時もっと頑張っておけば!」という悔いってきっとたまらないですよね。

いつか未来に「私は精一杯やった!」と開き直るために、美しいケーキ作りは無理でも
病院巡りとか、
遠くまで講演会を聴きに出掛けてみるとか、
高い除去ケーキを注文するとか、
園との交渉とか、
洗い物をほったらかしての読み聞かせとか、
幼稚園帰りの泥団子作りとか、
洗濯物がたまった週末の公園とか、
真夏のトンボ捕りとか!
どこかでちょっと無理して頑張ってみようじゃあありません?
と思うのです。

っと長くなりましたが。

今年、ここを通じて知り合ったアレっ子ママたち数名と美味しいお酒を飲んで来ました。
そろいも揃って最近は開店休業状態なメンバーばかり、しかも全員が小麦除去の経験者。
氷さえも包んだ話とか、いっそ開き直ってういろう作れば良かったよね!とか。同じ時代に米粉と格闘した話を笑いながら語り合いました。
いや~楽しかったな~と思い返しながら、もうみんな「あの頃」と同じじゃないんだよなぁと今になって改めてしみじみと感じたりしています。
もうこのメンバー全員で同じ1つのことに一生懸命になれることはきっとないでしょう。
でも、大変だった時を一緒に振り返られる仲間と出会えたご縁に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

ブログ開設からこれまで、沢山の先輩方、仲間たちに励まされ笑い合い、支えていただいて来ました。
数え上げればキリがありませんが、サンタパン、ドラえもんパンあたりは今思い返しても泣けて来ます。
本当に本当にありがとう。

これからも、ここを始める前からお世話になっている地元の親の会で、お姉さま方のお手伝いをしながら、ぼちぼちアレルギーと関わって行くことになると思います。

ご縁があればまたどこかで。

ありがとうございました。


yoyo


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。