上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.29 雑感
~ 代替デビューを果たして ~
昨年末行われたサークルでのクリスマス会に、初めて代替食というものを持参しました。
その時に感じたこと。

現実は孤独だった。

日々こうしてPCを立ち上げると、ネットの向こう側には沢山のアレっ子ママさんたちがいらっしゃいます。
皆さん毎日の食事はもちろんのこと、給食のコピーを作られたりお友達とのお付合いを工夫されたり。
でも、でも、日常的に実際タロウと接するお子さんの中にアレっ子はいません。

クリスマス会の日、持って行った代わりのサンドイッチセットを取り出すのに、タロウに食べさせるのに、
とてもとても勇気が必要でした。
1人1人に状況を説明するわけにもいかず、事情を知らない他のママたちはどう思っているんだろう、
どれくらいの人が私たち親子の行動に気付いているんだろう、と不安な気持ちでいっぱいでした。

それからこの日絡みでもう一つ。

夫に感謝しよう。

このクリスマス会は通常のサークル参加の会費のみで特別な費用はかかっていません。
極端な言い方をすれば、他の親子さん方はみんなタダで会食して帰ったわけです。
それに比べると我が家はプラスアルファでいくらの費用が発生したのでしょう。
そんな細かい計算をしようとも思いませんし、持参する代替食を用意するにあたって費用的な面で
購入を諦めたものもありません。
どんな風に何を作って行けばタロウの心を満たしてあげられるだろうか、ただそう考えて準備しただけです。

我が家の夫は激務でほとんど自宅で過ごす時間がありません。
たまの休みも疲れ切っています(私は仮死状態と呼んでいます)。
知らない土地での初めての子育て、そして授かった初めてのアレっ子育児。
1人で2人に食べさせて、1人で2人をお風呂に入れて、1人で2人を寝かし付けて、1人で2人を抱えて
夜間救急に駆け込んで。そんな生活が365日。(←言い過ぎました。年に2回、実家でぐうたらしている日数を
差し引いて下さいませ。)
夫が忙しいのは夫のせいじゃないのに、でもそれは私のせいでもなくて、
何で仕事仕事なの?私たち2人の子供なのに何で私ばっかり!
そんな思いがいつも心のどこかにありました。

いろいろな理由から、私はまだしばらくは専業主婦でいたいと思っています。
それを望んでそう出来ていること、
子供たちにしてあげたいと思っていることを夫1人の働きでじゅうぶんに賄えていること、
そのことに、もっともっと感謝しないといけないんだな、とふと思ったのです。
お互いの大変さが見えなくても、お互いにその頑張りをイメージし合ってねぎらいいたわり合うことって
大切ですよね。

~ 米粉パン粉を作って ~
パン粉、本当においしくできたのですよ我ながら。文句なし。
なのになのに私の心にあったのは、

とうとうここまで来てしまったか。

という思い。

タロウの食アレが発覚してから、ネットで沢山の情報を求めて来ました。
そんな生活が始まったばかりの頃、「上新粉で蒸しパンを作った」「ひえ粉でクッキーを作った」なんて目にしても
大変だな~とまるで他人事だったんです。
まして「パンを焼く」なんて論外。
うちはそのうち良くなるさ、コピー食なんて無縁だわ~なんて思いながらのらりくらりやって来ました。

それが!パン粉ですよ?パン粉!
こんなものおうちで作っちゃうなんて、過去の私からすれば
「大変ねぇ。アレルギーがひどくてお気の毒だわ。」てな感じ。それを作っちゃったよ(涙)。

はぁ~やっぱりタロウは正真正銘のアレルギーっ子なんだ。

そう思うとおいしいパン粉は出来上がったものの、何だかドヨ~ンとした気持ちになってしまったのでした。
まあね、仕方ない、開き直るしかないんですけどね。

以上、年末からずっと書きたかったけど書きそびれてきた徒然(愚痴か?!)でした。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/123-ee70cd15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。