上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年明けから謝恩会の準備のため週2で幼稚園へ足を運んでいます(来週なんて3回よ!)。
午前中10時から2時間~2時間半ほど、打ち合わせをしたり出し物の練習をしたり。
下にお子さんがいらっしゃるママたちはだいたい下の子ちゃんたちを連れて来ています。
ただでさえつまんない場所で、ママたちは他のことに集中しなきゃいけない。するとどうなるか。

ちびっこ食べ物大会になる。

正解~☆

幸いにぃにぃのクラスは平和な方で、みんなせいぜい食べていても口に放り込んでおしまいのアメ類です。
(他のクラスのお母さん方は「毎回お菓子が2袋くらいいるのよね~」なんて言ってますが。)
親切な女の子ちゃんの中には、アメを大量に持って来てみんなに配ってくれる子がいたりします。
家を出る前には毎回、
「食べられるか分からないお菓子をもらったら、食べちゃう前にお母さんに見せに来てね。
 ありがとうってもらえばいいからね。」
とタロウに説明はしています。
でも、他の子たちがもらったアメをヒラヒラさせながら走り回っているのに、タロウだけもらってない?
ということが2回ほど続きました。

どうしたのかな~と思いつつたいして気にも留めていなかったのですが、ある日現場に遭遇。
アメを差し出す女の子の手を一生懸命押し戻しながら、「いらない!」と拒否しているではありませんか。
慌てて走り寄り、「ありがとうってもらったら?タロウのアメ、1個あげたら?」と言うと、
真っ赤な顔をしたタロウが言いました。

「だってアメのふくろ(外側の大袋ね)ないっていうんだもん!たべれるかわかんないじゃん!」

もうねー泣けてきますよ。
そばにいた相手のママに事情を説明し、タロウには「帰って調べてみようね。」と言って受け取りました。
そのママさんも、「そっか。エラいね~エラいね~。」と言って下さいました。
はぁ~。

後でよくよく話を聞いてみると、今までもそんな風に何回も押し返していたようです。
「おかーさんにたべれるかきけなかったから」とか(私はステージでダンスの練習に必死)、
「おともだちがはこ(箱)もってないっていうから」とか。

何だか複雑です。
自分の身は自分で守れるよう強くなって欲しいと思っているはずなのに、
そんな4歳の我が子を見ていると胸がいっぱいになります。
ダメダメ!こういう成長を喜ばなきゃ!と思うのですが、子供の成長に私がついて行けてない。

つい先日もこんなことがありました。

私の実妹が「これタロウくんも食べれるかなと思って。」とくれたお菓子。箱を見ると確かにタロウも食べられます。
「大丈夫だから直接子供たちに渡してやってくれる?その方が喜ぶと思うし。」と妹にお願いしました。
私が見ていない場所でそれを手渡された2人、にぃにぃはすぐに袋を破って食べたようです。
ですがタロウはそれをそのまま私の所へ持って来て、
「ねーねーおばちゃんがこれくれたよー。オレたべれる?」
「食べれるよ。」他の事をしていた私が軽く言うと、
「ねーっ!ちゃんとうら(裏)みてよーっ!」
と、袋の裏側を顔の前に突き出されました(袋の裏には原材料欄はなかったのですが(笑))。

この1年でアレルギー的にはタロウなりにずいぶん成長したなと思います。
3年保育で1年早く入園しているアレっ子たちはもっともっと逞しいのでしょう。
何でもおっとりのタロウ、やっぱり2年保育にして正解だったのかな。
欲を言えばこの先例え食べられないことが明らかなものを差し出されても、「ありがとう♪」とかわいらしく
相手の 『気持ち』 をいただける、そんな素敵な子に育って欲しいなと思う、欲張り母なのでした。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/133-524017af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。