上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご報告が遅くなりましたが、いよいよアレっ子幼稚園生活が始まりました。
昨秋から入園式当日までの流れをまとめて書いてみます。

・昨秋の面接前日
在園していたにぃにぃ絡みで園へ行く用事があったので、下の子の入園を希望していること、
食物アレルギーがあるので、明日、面接担当の先生だけではなく園長先生にもお時間をいただきたいことを
事務の方に伝えました。

・面接当日
面接は、願書に記入したアレルギーの状況について確認し合って終了。「後は園長とお話して下さい」と。
入園の手続きをしていると園長先生が私を見付けて近づいて来て下さり(私の顔は既にご存知)、
入園に際しては診断書を提出して下さい
食べられる市販のお菓子のリストなんかも書いて来て下さい
担任が決まりましたら改めて詳しいことをお聞きします
給食に関しては、お申し出通り容器をお貸しします
といったことを立ち話で簡単に告げられ、終了。少々呆気にとられて帰宅。

・にぃにぃの卒園間近
私「担任の先生が決まられたらお時間をいただけると伺っていますが、ご連絡をお待ちしていればいいでしょうか。」
園長「ええまあそうね。まだ担任も決まっていないですし。それはまた4月に入ってからね。」

・4月に入った
音沙汰なし

・入園式前日
もしかしてこのままさらっと入園させられちゃう?明日もさらっと終わっちゃう?と不安がよぎり、
用意していた 『食べられる市販のお菓子リスト』 に加えてさらにA4で1枚、今までの経過や現状、
お願いしたいことなどをぎっしり書いたものを作成する。

・入学式当日
さらっと入園。
園長とは廊下でバッタリお会いしバッチリ目もあったのに声は掛からず。
初々しい担任の先生に、診断書+お菓子リスト+ぎっしり書きA4をバーンと渡し、退散。
帰りに園長先生の所へ行き、「どうぞよろしくお願いいたします。」と深々と頭を下げて帰る。
それ以上は引き留められもせず。

とまあこんな感じで園生活が始まってしまいました。
タロウは幸いにも今まであまり激しい症状を出したことはないですし、
毎朝私は隣で小麦の食パンをいただいていますが、何も起こったことはありません。
うどんは10cm食べただけで症状を出しましたが、牛乳はかぶっても大丈夫ですし、
アレルゲンも本人が食べなければ命には別状はないかなというのが現在の私の感触です。
なので事前に面談の時間さえ設けていただければ、あまり事細かに先回りした文書は提出しないでいようと
思っていました。

が!ここまでの流れ、ちょっと私怒ってます。プチ憤慨。
なのでA4用紙にはちょっとちゃんとしっかりきっちり書かせていただきました。
ちなみにこちらの幼稚園、給食の日にお弁当持参のお子さんはどうやらタロウが初めてのようです。
面接で、かなりベテランな先生に、
「給食の日にお弁当を作って来られたいと書かれていますが、アレルギー用の給食があることはご存知ですか?」
と質問されました。
「アレルギー用の給食は、卵しか除去してくれないことはご存知ですか?」
と質問し返したい衝動を抑えるのが大変でした。
アレルギーに関してはそんなレベルです。

ここまで書いて今さらですが、園の方針自体は私はすごく納得できています。
先生方の情報の伝達、管理も徹底されています。

さてさて、どうなりますかね。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/153-e48db4c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。