上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.30 一歩
ここ半年ほどアレルギー科ジプシーをしておりました。まあ理由はいろいろありまして。

先日、今までとは別の大学病院に初診でかかりました。紹介状もなく飛び込みで。それも先生を指名して。
受付の看護師さんには冷たく扱われましたが、まあことは我が子のことですからね、そんなの気にしちゃあいられません。と書きつつも受診数日前からかなり胃が痛くなっていた小心者です。

結論から言いますと、

行って良かった!!

最初はややお若い先生が30分ほどかけて今までの経緯について話を聴いて下さり、タロウの肌の状態も丁寧に見て下さいました。
私からは現在までの状況の他に、今まではただひたすら除去をして症状を出さないように守って育てて来れば良かったけれど、入学が見えて来た今、それが最善の道なのか迷っていること、本当に必要な除去がどこまでなのか厳密に知りたいこと、積極的な解除や負荷の指示をしてもらえる診察を受けたくて来たこと、などをお話しました。

今までの検査結果を見ながら先生は数値の一つひとつを丁寧に拾って下さり、その場ですぐにいくつかの自宅負荷の提案が出ました。
そうこうしているうちに、私がご指名差し上げた先生ご登場。
お弟子さんと思われる最初の先生がざっと今までの経緯と私の気持ちとを説明なさったところ、全く同じ内容の案が出ました。
そして、
「こんなに数値低いのに、何もかも除去しちゃってるの?!」と。
そうなんだよ、そうなんですよ先生。怖くて石橋も叩けないままここまで来ちゃいましたよ先生。

興味深かったのがこんな指示です。
「○○は数値出ちゃってるけど△△はゼロなんでしょ?じゃあまず△△から行ってみようか。
○○と△△は交差抗原があるからそっちの意味でもいいんじゃない?」

今まで私が受けて来た指導や知識はこうです。
「○○は数値出てるんでしょ?△△は○○と交差抗原があるから、じゃあ△△もやめといて。」

これってやっぱり除去から減感作に流れが変わって来てるってこと???

きちんとした完全除去が本当にタロウにとって必要なことなら、私は迷うことなくそれを続けようと思っています。
一概に数値の高低では言えないこと、数値が低くても解除できない場合があることも頭では理解しています。
でも、わずかでも可能性があるならそれを拾い上げてあげたい、チャレンジしたい、そう思っています。

検査の結果は間もなく。詳しい指示はそれからです。
今まで採血の雰囲気を察知するや否や何とか逃れようと必死だったタロウが、血を採ると分かってからもひるみませんでした。
全身を抑え付けられ、「ばかやろう!!」と悪態をつきながら泣いて暴れていた彼が、針が刺される一瞬に泣いただけでした。
そんな成長は見ていてつらいです。

昨年の小麦負荷からちょうど1年。
少しでも明るい方へ進んで行けていればいいな。ただそう願っています。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/208-bceb5398
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。