上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.30 クッキー再び
ヒトデと言われたボク・・・
~ ゆきひかり米粉クッキー ~


今回も参考にしたレシピはこちら。 → サトワカさんの 『ゆきひかり米粉クッキー』
~ レシピ変更点 ~
・ ゆきひかり米粉50g → ゆきひかり米粉40g + ライ麦20g
・てんさい糖シロップ15g → 三温糖10g + メイプルシロップを適当
・かぼちゃパウダー → なし
・型抜きができそうな固さまで牛乳で生地を延ばしました
・180℃で13分ほど

目的はそう、ライ麦の負荷です。
まずは結果を申しますと・・・かなり怪しい・・・。

最初にクッキーを1個(均一に混ざっていると仮定してライ麦含有量0.4g弱)食べた30分後、湿っぽい咳をいくつかし、「のどにぽつぽつがある感じがする。」といつものご報告。右頬に2つ、口の右側に1つ、ポチポチが出ました。
すーっと体の力が抜け、「やっぱりダメか・・・。」と思ったのですが、はっきりした症状を見たかったので30分後にもう1枚、さらに30分後に2枚・・・と量を増やし、食べ始めから2時間半ほどでライ麦にして5g弱を食べました。

最初に出た症状以上のものが出ないんです。

午後にはライ麦を入れたパウンドも焼いて食べさせてみましたが、何も出ず。
「のどのぽつぽつ」もクッキーを食べている途中に消えたそうです。

うーん。

そして翌日。
珍しく両耳とも軽く耳切れしました。
気のせいか肘や膝の裏側がいつもよりザラザラしています。

文章ではうまく書けませんが、私の感覚から言いますと、
「無理に進まない方がいいのではないか。」
という感じです。

が!
すごかったですよーライ麦。
クッキー生地を作っていた時、まとまってきた生地を素手ですくいあげてまとめようとした瞬間どきっとしました。
生地の触感が今までのものとは全く違います。手のひらに吸い付くような感じ。
子供の頃母や妹と作ったクッキー生地の手触りがぶわーっとフラッシュバックしました。
生地を延ばすと、端までしっかり延びます。端っこまでしっかり型抜きできます。
作りながら少し怖くなったくらいです。本当にこんなのが食べられるんだろうか。

ちなみに燕麦、大麦、ライ麦とここまでの負荷で参考にしたのはこんなサイトです。
『ライ麦など麦種とグルテン、アレルギー性』

これでクリアなら次は低アレ小麦と言われているのですが、ここは潔く撤退しようと思います。
入学までには一度チャレンジしたいけど。

↓ ライ麦入りバナナパウンド(リファ使用)。
南国帰り~☆前ーならえっ

コーンスターチ他でん粉類入れなかったのに生地がボロボロしませんでした。やっぱすごいよ。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/220-1449b64c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。