上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずーっとお天気悪いの
ういろう


我が家の乙女のために今年はケーキを焼こう!リブランならどうにかなるだろう!!がんばろう!!!と張り切りましたが玉砕しました。アレルゲン使いまくりでもまともに作ったことがないのですから仕方ないですネ。

そういう訳で気分を変えて、ういろう。 ←気分変え過ぎ
分量はこんな感じで。

<材料(12cm×12cm容器で)>
・米粉(リ・ブラン) 20g
・片栗粉 20g
・水 67g
・グラニュー糖 20g

以上が1段分の分量です(最初この1.5倍で作ってみたため、水の量が半端になってしまいました)。
これにまず、抹茶パウダー(セリアのものを使用)1gを加えてよく混ぜたものを中火で約6分蒸します。
蒸している間にまた ↑ 同じ分量で混ぜ混ぜし、蒸し上がった上から流し入れます。同じく中火で約5分。
またまた蒸している間に ↑ 同じ分量で砂糖を10gに減量し、このいちごベース1個を加えてよく混ぜ、蒸し上がった上からさらに流し入れます。そして最後にまた同じく中火で約5分。しっかり冷まして(私は一晩放置しました)から取り出し、カットします。
もっちりモチモチのういろうです。

切るとこんな感じ。
これは夜だったの
これは少し片栗粉を少な目にして作ったもので、やや層と層のつながりが緩かったです。

細かいことを言うと、冒頭画像のような容器の場合、同じ分量で作っても角の丸みで一番下の層が若干厚くなりますので、私的にはいちごの層を最初に作った方が良かったなと思っています。
電子レンジでもできないことはないですが、レンジ加熱の場合どうしても表面が波々になってしまいますので、それを3層続けると波々波々になって美しく出来ませんでした。

他の米粉でも出来ると思いますが、リブランは水との混ざり(水和性)がとても良いので、蒸している間にどんどん水と分離して行くということがありません。他の米粉だと蒸している間に少しずつ水分が浮いて来て、そこに次の層を流し入れると界面がバシっと決まらなくなることがあります。
最初、残っていたリファリーヌを使ってレンジで作ってみて大失敗した私です。

最後に、玉砕した雛まつりケーキ for 我が家の乙女♪
大きくは見せられないワ
小さい画像で失礼します。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/271-739c0f4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。