上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.24 将来の夢
「おおきくなったら○○になる!」と初めて我が子が言った時って感動しませんでしたか?
我が家のにぃにぃは3歳の時、「アンパンマン!」でした。
「アンパンマンになったら ひこーきのらなくてもおばーちゃんちにいけるのに」
と言った日にゃ、電話口でおばあちゃんを涙ぐませましたわよ。
それから夢は「ボウケンレッド」→「ボウケンシルバー」
→「ウルトラマンのなにか(←どれでもいいからとにかくなりたかったらしい)」と移り変わり、
6歳を目前に控えた現在は「おうちをつくるひと♪」。
だいぶ現実的になってきました(母としては少し寂しくもありますが)。

タロウも3歳半頃、初めて将来の夢を口にしました。
それは・・・「ごさい♪」。
「タロウは大きくなったら何になりたいの?」 → 「ごさいになる!」です。
理由は、大好きで憧れで尊敬しているにぃにぃが「5歳」だからです。
だってにぃにぃは押入れの中段からジャンプできるんです。
車に乗れば自分でシートベルトを締められるし、
ゲキレンジャーとアンパンマンとポケモンと電王とぜんまいざむらいとどんど晴れの
チャンネルを覚えていて、自分でリモコンでつけて見られるし、
補助なし自転車にも乗れるしうんちの後はお尻だって拭けるんです。
そしてそしてにぃにぃは、父さんと同じパンが食べられるんです。

タロウは自分の食アレについて少しずつ分かるようになってきてはいるのですが、
食べられないのは自分がチビだからだと思っている節がまだあるようです。
ですからそういうのも全部ひっくるめて、「ごさいになりたい♪」んです。

先日、次の誕生日には5歳じゃなくてまず4歳になるんだという事実を知り、
かなり衝撃を受けた様子でした。
「なんでタロウだけなかなかごさいじゃないのっ!(怒)」
    <訳:何でタロウだけなかなか5歳にならないんだっ!(怒)>

もうすぐにぃにぃはお誕生日を迎えます。
自分が4歳にもなっていないのに、にぃにぃが6歳になってしまうと知ったら・・・、
・・・夢は変わるのでしょうか。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/31-c27aaa5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。