上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
は、中止になりました。中止と言うか、延期?

先日の外来で小麦の現状をお伝えしたところ、今のところ用量依存ということだと考えられるので、自宅でそれだけ順調なら入院してドカーンと食べてわざわざ症状引き出さなくてもいいでしょう、と。この調子でおうちで続けて下さい、と。そして最後にいつものお言葉。「ま、エピペンもあるしね。」
このお考えには私も全く完全に同意出来ましたので、素直に受け入れて帰宅しました。
素直に受け入れられたので良かったんですけどね、ぶっちゃけ主治医、お忙しそう。外来も負荷入院も。もっともっと切羽詰った方々で手一杯なんだと思いますー。

先日の卵白負荷入院時に採血されていた検査結果も出ました。

 

 3才3ヶ月4才3ヶ月5才5ヶ月今回

卵白

6.80(3)

7.73(3)

10.90(3)

12.60(3)

卵黄1.51(2)

1.49(2)

1.61(2)

オボムコイド8.56(3)

8.27(3)

13.20(3)

小麦1.47(2)

1.37(2)

1.61(2)

0.82(2)

グルテン

1.43(2)

0.87(2)

ピーナッツ

14.00(3)

12.40(3)

76.70(5)

31.20(4)

そば

<0.34

<0.34



ある時期からずっと横ばいだった小麦が、ここ最近グググーっと下がって来ました。食べさせているからなのかそういうお年頃なのか(って前にも書いたような・・・)。

先日500円も投資した「そば」は結局今回も数値出ず。感作されたと思ったんだけど。主治医も、その時に出た症状がそば由来のものなら数値に出るんじゃないか、と。隠れ型ということも考えられるかも知れませんが、「即時」で「咳」ですからねぇ。他に原因があったのでしょうか。やっぱみかんの汁?(爆)

今回は載せませんでしたが、血液検査、前回の検査から4ヶ月しか経っていません。大学病院だからなのか何なのか、機会あるごとに検査されます。4月からは医療費がかかりますから!そこらへんよろしくー先生ーーー。ってRASTっておいくらくらいかかるんでしょう。

最後に卵。
1ヶ月入院しての急速減感作を今回もまた勧められてしまいました。
私としては、例えカメの歩みであってもとりあえず自宅で減感作をして行きたい。その中でタロウ本人の強い希望が出て来れば、急速~ということも改めてまた考えたい。今はそんな風に思っています。
最新医療のデータを積み上げて行くことが大学病院の使命なのでしょうが、我が家はまだ「お願いします。」とは言えないなぁ。

うどんでの負荷試験でコケた後、「あと1年は除去を続けて。」と指示されたにも関わらず私が「うっかり」食べさせてしまったことから始まった小麦のように、間もなく卵もミリグラム単位の何かしらを「うっかり」食べさせる予定。ま、エピペンもあるしね。

普段の外来は私1人で行っています。幼稚園から帰宅したタロウに小麦の入院がなくなったことを告げたところ、

「やったーーー!先生、ありがとう~~~!!」

とそばで叫ぶはにぃにぃでした。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/368-cdace9cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。