上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「食物アレルギーの問題上、お子様へのご提供は同伴者の承諾をいただいております。」


某大手スーパー食料品売り場の試食コーナーに、こう書かれたプレートが掛けられていました。
やっとこういう周知がなされるようになったか、と感慨深いものがありました。
ふと目を離した瞬間に勝手に子供に差し出されているあの恐怖ったらないですものね。

ついでに「食物アレルギーの問題上」と併せて「ご家庭での教育の問題上」というのも書いといてもらえると助かるのですけど。
って冗談ですが。


ついでにちょっと思い出したことを。

あれはもう5年くらい前?子供たちの七五三のお参りに、有名な某所へ家族で行った時のこと。

お参りを終え、両脇のお土産物屋さんからさかんに声を掛けられる中、駐車場へ向かう参道を家族で歩いていました。
「食べていってよ」と呼び止められたり試食を差し出されたりするのを笑顔でかわしながら歩いていたところ、かわしたばかりのお店の男性が試食を手に持ちついて来て、にぃにぃ(当時5才)の顎をむんずとつかまえ、口の中にその試食用お菓子(何だったかは不明)を押し込んだ!

「やめてください!」とか「何するんですか!」などと言えるはずもなく、あまりの突然さにとにかくびっくりしてその場を立ち去ったのですが・・・。

無理やり食べさせられたのがアレっ子の方だったら殺人未遂だよね。 ← 言い過ぎ???

という思いがずーーーっと消えず、数年経った今でも思い出すたび嫌な気持ちでいっぱいになります。

あれが次男坊だったら、それでもし症状を出していたら、ショックを起こしていたら・・・私はどうしていただろう。どうすれば良かったんだろう。

私の中で未だに答えの出せない難問です。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/416-81cefd0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。