上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地方都市に生まれ育ち、結婚を機に関東に移り住んで7年になります。
実家のある場所はそんなにド田舎というわけではありません。
現在住んでいる場所も都心部からは程遠い場所です。
ですが関東と地方の 『格差』 をひしひしと感じています。

見知らぬ土地ですぐに子供を授かり、結婚してしばらくは故郷に帰りたい帰りたいと
切望する日々を送りました。
ですが関東に長く住めば住むほど、子育てをしていくのはやはり関東かなと思うようになりました。
でも実家に帰るとやっぱり故郷の良さも捨て難いな、とも思うんです。

現時点での私の思うそれぞれの良さを少し整理してみました。
あくまでも我が家の置かれた環境、私の視点での捉え方です。


~ 関東での子育てのメリット ~
   ① 人口が多い = さまざまな需要が生じる = いろんな選択肢がある
        幼稚園、学校、大学、就職先、・・・それぞれの能力や要求に応じて
        いくらでも取捨選択することができます。
        医療もそう。
        地方だとちょっとややこしい病気になると行き着く先は結局
        『○○大学病院』 (○○には県名が入る場合がほとんど)になります。
        低アレルゲンメニューを扱うファミレスがいろいろあるのも関東ならでは。
        地方にまで全国区で店舗がある会社はほとんどありません。
   ② いろんな芸術・文化を経験できる
        ミュージカル、お芝居、各種コンサート・・・、幼い頃から身近に触れていれば
        自分の進む道も違ったかも、と思うことがあります。
   ③ 正当な主張が受け入れられやすい
        地方ではまだまだお役所の特権意識が強いです。
        田舎ではしがらみや根拠のない慣習によって
        個人の権利や自由が守られないような場面もあります。

~ 故郷で子育てをするメリット ~
   ① さまざまな人間関係の中で子供たちを育てていける
        現在我が家を訪れるのは子供のお友達関係ばかりです。
        私たち夫婦の友人や親戚との家族ぐるみのお付き合いに強い憧れがあります。
        (もちろんメンドクサイこともあるのでしょうが)
        子供たちに無償の愛情を与えられるのは私たち両親だけじゃない、ということを
        にぃにぃやタロウに身をもって実感させてあげたいのです。
   ② 身近に自然の摂理を感じながら生活できる
        少し車を走らせれば、渋滞もなく簡単に大自然を体験できます。
        親戚や近所の方々が普通に畑で野菜を作っていて、
        その時期の 『旬』 を普段の生活の中で感じることができます。
        子供たちを愛してくれている私たち夫婦の両親や親戚の伯父伯母たちも
        いずれは老いて亡くなっていきます。
        そういう現実も子供たちに肌で感じてもらいたいのです。
   ③きれいな空気、水で育てたい
        帰省すると翌日には私の化粧乗りが変わります。
        帰省すると丸3日ほどでタロウの膝の裏側がつるつるになります。


何だかとりとめもなくてお恥ずかしい限りです。
帰省してからずっと、書いては直し書き直しては消しを繰り返し、
いい加減頭の中がこんがらがってきましたのでアップしちゃいます。

ま、要は実家が関東にあれば何も悩まないんですけどね。
子供たちの人生にとって何が一番いいのか。
悩む日々です。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/42-69d46fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。