上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日また週末かよ エビフライってどうやって入れるの?!
今日の給食代替とにぃにぃのお弁当


今日の代替食は、ナゲット(卵白使用)、キムチご飯(錦糸卵入り)、ミニタルト(全卵使用)。加えてにぃにぃは遠足でお弁当持ち。リクエストはエビフライ、唐揚げ、マカロニサラダ。そして連絡帳には「7時半には席に着いていること」。Oh!!

お願い、1年生もタルトが出る日に遠足行って~と思いましたが世の中そんなに上手くは行きませぬな。

にぃにぃには食べることで散々我慢をさせて来ましたから、彼のリクエストには最大限答えてやろうじゃないの!という意地みたいなものが私にはあります。さらに「遠足の何が楽しみなの?」と尋ねましたら、「お弁当♪」なんて言うんですものー、キムチご飯のおにぎりとナゲットを入れるわけには行きませんよねぇ。
お陰で久々に段取りを考えながら朝軽くパニクりましたが。

いやー毎日お弁当持たせてお仕事に行かれてる世のお母さま方(お父さま方)すごいわ、とただただ尊敬です。

~~~~~~~~~~

アレっ子の学校給食生活も5ヶ月近くが過ぎました。
今のところ、献立全部が食べられる日が月に3~4回ほど。食べられる献立は全献立数の2/3くらいでしょうか。今月は久々に「食べられるのが牛乳とデザートだけ」という日が1日ありましたが、だいたい1品か2品持参する感じです。今日は多い方でした。

入学後しばらくは先生に付き添われてクラスで1番最初に配膳してもらっていましたが、1学期の中盤からは普通に列に並んでいるようです。

担任の先生との最初の話し合いでは、日々の献立と原材料を先生もチェックして下さり配膳も見て下さるというお話しだったのですが、本人の話によりますと、最近はほぼ自分で判断して「それはいらない。」などと給食当番さんに伝えながら配膳してもらっているとのこと。
給食当番さんの分は他のお友達が配膳してもらって机に置いてくれているそうなのですが、そこもノーチェックなのか、タロウがお当番を終えて席に着くと、食べられないものが目の前に置いてあったりするそうです。で、先生に「今日はこれ食べられません。」と持って行くのだとか。

さすがに初めてそれを聞いた時にはちょっとびっくりしましたが、まあタロウの場合本人がしっかりしていますし(私が言うと単なる親バカなんですけど・・・)、何よりもそのことを本人が面白おかしく話すものですから、わざわざ先生に「もうちょっとよく見てやって下さい。」とお願いするのもねぇ。まあ本人の心の奥の奥までを計り知ることは出来ませんが、しばらくは様子を見ながら見守っていようと今は考えています。
ピーナッツ以外なら多少の誤食があっても大事には至らないという安心感があることも大きいですね。

余談ですが、本人から日々給食の様子を聞いていて、ちょっぴり切ないなぁと思ったことが1つ。
それはタロウが食べられないデザートのこと。

欠席者がいて牛乳や数を決めて配られるおかずやデザートに余りが出た日は、みんなでじゃんけんをしておかわりを勝ち取るのだという話はにぃにぃから聞いていました。
ですのでもちろん、タロウが食べられなくて余ったデザートなんかも、クラスの他の子たちで争奪戦になるわけです。今日のタルトとかね。

それって親としてはちょっと心が痛むよねー。
ま、仕方ないことなのだけど。

お母さんが作ってくれたものを持って来られていいなーと思っているお友達だっているかも知れない。
そのことだけはいつも忘れないでいようと思いながら、だからこそ、私に出来る最大限の「コピー」を持たせています。

~~~~~~~~~~

卵、1歩ずつ「1個」に近付きつつあります。

いつかきっと思い出になる。

ね、タロウ。
頑張ろう。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/421-954a3647
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。