上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.16 究極のおやつ
加工品へのチャレンジ許可が出て約半月。

市販のお菓子やパンについては、これまでタロウ自身が夢見て来たものはほぼ制覇しました。
例えば、これ ↓ 。

夢見たほどではなかったらしい

その昔に作ったものはこれのコピー(のつもり)でした。

今までこっそり(あるいは切ない気持ちになりながら堂々と)にぃにぃに食べさせて来た商品の数々をタロウが口に運ぶ様子を間近で見ながら、夢にまで見た場所に今いるんだなぁと母は胸がいっぱいなわけですが、本人は1個食べて「もういい。」と素っ気ないことが多々あります。
そんなこんなで日々を過ごした最近、タロウが行き着いた欠かせないおやつはこちら ↓ 。さて何でしょうか。

↓ クリックで拡大します。
さて、正解は?

キットカットを頬ばるにぃにぃの前でこれをむさぼり食う7才児。これまでさすがにこんな落差はあり得ませんでした。
長年の習慣から2人を見ながら思わず胸がギュウっとなるわけですが、いやいやこれは本人の希望だから、と自分に言い聞かせる。あんたたち、絶対寿命に差が出るね。
食育とか習慣とかいろいろ理由付けは出来るでしょうが、ジャンクなものはタロウの体質的に受け付けない、というのが正解なのかも知れません。

お菓子作りやお料理にも卵を使うようになりました。自宅で作れば焼き時間や温度、卵の使用量などをきちんと把握出来ますから。
これまでslowで進めて来た過程では、卵用の調理器具、食器、スポンジなどは別にして来ましたが、それも止めました。普段の作業の中で生卵を扱うことで、そこから何か発症があるのならそれを見られるかなという思いもあります。怖いけど。

しっかし・・・あたしのコレステロールが上がるよ・・・って「食べられない」ことを「代われるものなら代わってやりたい(涙)。」なんて散々思って来たくせに、コレステロールが上がるかいっ!っと自分にツッコミを入れつつ。(ま、最近はコレステロール論も論調がいろいろあるようで♪)

卵が使えるようになったことで、レシピは無限に広がる!かと思われたのですが・・・普通のレシピでは甘くて甘くて。そして油分が多い~~~(涙)。
と思っていましたら、こんな本が。

今まで舌打ちしてごめん

今まで何度も手にしては、卵使ってるんじゃんヨ、っと棚に戻して来ましたが・・・本さん今までごめんなさい。
この本を参考に、バナナやコーヒーのカップケーキなど。糖分は基本、レシピの半量で。当然ですが家族には好評です。

これでマズけりゃ主婦失格よね にぃにぃ、コーヒーブームです

卵も小麦も使って「美味しい!」と言われても、全く「勝った!!」感がないのは悲しいサガよ・・・。

さて。問題は給食だ。

主治医はもう何でもOKっていうスタンスだし、学校には特別な書類は必要ないし。いったいどこで線引きしてGO!すればいいのさ。
と悩みつつ、相変わらずコピーを作る日々。矛盾してる。

コピー技術下降中(涙)
ある日の代替(卵焼き(カット前)とかぼちゃプリン)。

さすがにまだ学校でこれをダブルで食べさせるのは怖い・・・。

~~~~~~~~~~

以下、オタッキーのお部屋♪


「財団法人 旗影会」サイト内「助成研究一覧」に面白い研究が載ってます。

『鶏卵の調理加工による生理作用の制御』
『卵アレルギー児の食事指導に役立つ調理による卵の低アレルゲン化と実用化』
『食物アレルギーモデルマウスを用いた変性卵白による経口免疫寛容の誘導』

などなど。
リンクは貼りませんが、ご興味のある方はどうぞ♪


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/429-4ca33add
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。