上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがたいことに、加熱の甘い卵とピーナッツだけを避ければ良い生活になった我が家。

頭では分かっているんです、恵まれた状況になったと。
幸運に感謝しているんです。

でも・・・分からなくて困っているの、「ピーナッツ」が普通、どんな食べ物に使われているのかが。

除去食生活に突入してから、そもそも小麦がNGだった時点で裏(原材料欄)さえ見ない(で諦める)生活を長く続けて来ました。ですので、例えば除去食生活に入るまで市販のお団子や和菓子に乳や卵が使われているなんて思ってもみなかったのと同じように、今の私には想像出来ないものにピーナッツか含まれているのでは?と思うと常に不安があります。

先日、スーパーで「あんまん」を手に取り裏を見たら・・・「(原材料の一部にピーナッツを含む)」と。
えええーーーーーっ。

恐ろしい、恐ろし過ぎる。ヤツはいったいどんなものに潜んでいるのだ。

というわけで、何だか怖くって外食の幅もあんまり広がっていません。

先日、ピーナッツの閾値と症状を知りたいと主治医に申し上げたところ、RASTの数値と先日受けた皮膚テストの結果から、まだ負荷試験はさせられないと言われました。症状が出るのは分かっているけど、どんな恐ろしいことになるかを知っておきたい、と申しましたがダメだって(涙)。
さらには、現在小麦と卵を微妙な感じで摂っているので、ピーナッツのrushも今すぐには出来ない、と。
いやいや卵のrushすら怖くてご辞退申し上げたのに、そうまでして今ピーナッツを食べられるようにならなくていいよぅ。閾値と症状が知りたいんだよぅ。

分かっているのですよ、贅沢な悩みだって。

人間とは、親とは、欲の止まらない生き物ですな。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/432-b02b41ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。