上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.06 反省
くじけそうになる私に卵の増量をせがみ、
忘れているフリをする私に「今日の卵は?」と欠かさず指摘をし、
給食が「全部食べられる日」の朝は小躍りして登校していた、タロウ。

ある日の夕食時、うずらの卵を食べながら言われました。

「学校でコレ食べるの、ちょっとどきどきする。」

ガツーンと頭を殴られたような、衝撃。

入院しての負荷試験、茹で卵の白身でアナフィラを起こしたタロウは、それから少しずつ食べられるようになって来てもしばらく「茹で卵」にはトラウマがあるようでした。それでも最近は摂取量が増えたこともあり、自宅ではそんな様子は見られなくなっていました。食べられる茹で卵の量も、鶏卵なら1個分、うずらの卵ではMAX6個(モメるので(笑)普段は1/2パック=5個)までに。

そっか、それでも怖いんだ。
ごめんね、気付いてあげられなくて。

「給食では卵は食べません」にまた戻ったっていいんだよ?
いつも給食のシイタケ、どけてるでしょ?お母さん、先生に「タロウくん、シイタケよけるの上手ですね♪」って言われたよ。どうしてもイヤなら、シイタケみたいに残せばいいんじゃない?だけど、うずらの卵の日は(代替を)持って行くけど、他のおかずやデザートやパンで卵(を使ったもの)が出る日は給食を食べる、というのはいけないよ。

そんなこんなを話し合って。

タロウの本音は、あくまでも「お母さんに話す本音」ですけど、給食で卵が食べられるようになったことは嬉しい、だけど茹で卵はやっぱりちょっとどきどきする、だから最初に茹で卵(うずらの卵)が出る日まで家で沢山練習(=茹で卵を食べる)をしたい、それでもどきどきしそうだったら、最初に茹で卵が出る日は1年生の初めの頃のように給食時間に来て欲しい、と。「だけど一緒には帰らないからね。」としっかりクギも刺されましたが。

もしかして私1人が焦ってるのかな。
本当に本人の気持ちに添えているのかな。
おいしいおいしいって卵の入ったものを食べる姿は、母さんへのサービスなの?
いやいや、10個のうずらの卵を巡るあのバトルは毎回なかなか熾烈を極めているとお見受けするのだが。

解除って、難しい。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/437-cd1fadbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。