上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いた 『リファショック』 後しばらく経った先日、再びあのスーパーへ行きました。
何となく習慣でリファの売り場へ足を向けましたら・・・、なな何と!お値段が300円になっていましたっ。
どーしてそんなにブレるのーっ???
ほんとね、マンガみたく何度も目をこすって値札を見ましたよ。
まばたきしたらまたお値段変わってる?みたいな。

話は変わって、皆さんのところで話題になっている
NHK みんな生きている 『食べられるようになりたい』

こちらたんぽぽさんのところで知り、私も2回見ました。
初めてHPであらすじを読んだ時はその内容にただただ驚き、自分の中に批判的な意見しか
出てきませんでしたが、1回、2回と見るうちにだんだんと考えがまとまらず
いろいろな思いがぐるぐる頭の中を渦巻くようになりました。

アレっ子を授かってたかだか4年足らず、子育てすらまだやっと6年の私には、
親としてまだまだ知り得ない思いが沢山あると思います。
彼女の親御さんがそれまでどんなお気持ちを積み重ねて来られたのか、
あの学園の創設者が学園にどのような思いを託しているのか、
私には想像すら及ばない気持ちがきっと詰まっているのだと思います。

治っているか否かという議論は別として、あれだけのものを食べてあの程度の症状で収まっている
というのは、今の私からすれば夢のようなことです。
ですからそれはそれでじゅうぶんとして、もっと別の導き方をしてあげられないかなという思いはあります。
この番組を教材にすることで、ただでさえ毎日の給食に苦痛を感じている子供たちが
さらに追い込まれることがないよう祈るばかりです。

ただ一つ揺ぎないと思うのは、親は皆我が子を最善の道に導いてやりたいといつも思っているということ。
せめて私は、いつか巣立って行く子供たちと少しでも多くの時間を共有できる道を探して行きたいと、
ただただそう思ったのでした。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/67-c885ae2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。