上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コピー給食への不安を春まで抱え続けるのかと心配していたのですが、
予想外に私の気分は晴れ晴れ☆です。
コピー給食になるかも、という思いが胃を痛くしていたんじゃないんだ、
食アレ対応給食という選択肢を残したまま決定に至らない状況が原因だったんだ、と痛感しています。

週が明け、いつもと同じように朝子供たちを連れて幼稚園のバス停に出ました。
バス停仲間のママ3人と普段通りの会話をしていると、1人のママが「幼稚園どうしたの?」と
そっと聞いてくれました。
「ここにしたよ」と言い、決定に至るまでの週末の頭がグルグルした時間を説明。
「タロウも卵の給食食べれなくても行きたいって言ってるから」と言うと、3人とも涙ぐんじゃいました。
私の中ではもうすっきりと解決済みのことでしたので少しびっくり、そしてありがとう☆という気持ちで
いっぱいになりました。
日常のタロウの暮らしぶりを一番間近で見てくれているママたち。
もう一つの園に入園できなかったの?yoyoさん大丈夫なの?と心配してくれたようです。
「そっかそっか。じゃあタロウくん、来年から一緒にバス乗って行けるね!」
と言ってくれました。涙でぐしゃぐしゃの顔で。

願書を提出しに行った日、園で親しいママ友に偶然会いました。
幼稚園ここに決めたんだーと話すと、
「それがいいよ。食べることだけに目を奪われて、タロウくんの道を狭めちゃいけないよ」と言われました。

昨日はタロウのサークルの日でした。
2年保育に決めた同い年の子供のサークルですので幼稚園選びの話題に花が咲きます。
「タロウくんどうしたの?」 → 「結局にぃにぃと同じ園にしたよ」
 → 「ええーーっ?給食どうするの?頑張るの?!よく決めたね!」
そういう視点で気に掛けてくれていることがとても嬉しいのです。

コピー給食頑張れるかも、と思えるようになったのはブログを通じて出会えた方たちのお陰です。
ですがいったんPCの電源を落としてしまうと、アレっ子育児のあまりの孤独に
押し潰されそうになることがあります。
でも現実の生活でも、こうして日々接することで少しずつ理解し合い支えてくれる人たちがいます。

孤独な闘いだと思っていた食アレとのお付き合い、ちょっと肩の力を抜いてもいいかもしれません。


   ≪お母さん方ね、毎日子育てでお忙しいでしょうけど、そういう今だからこそ、
     園生活や役員のお仕事を協力し合って頑張ることで
     そういう仲間がずっと長く続く友人になるんですよ。
     子育てがひと段落した、自分の時間ができた、さあお友達を作ろうか、と思ったって
     なかなかいい仲間になんて出会えるものじゃありませんよ。≫       ~ 園長先生のお話より ~


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/75-3e3ab308
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。