上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「貝殻やら松葉やら、ほかしてしまうようなモンが
こんな綺麗な模様になって出てくる。
人間も、箸とおんなじや。
磨いで出てくるのは、この塗り重ねたモンだけや。
一生懸命生きてさえおったら、
悩んだことも落ち込んだことも、綺麗な模様になって出てくる。
お前のなりたいもんになれる。」


NHKの連ドラ 『ちりとてちん』 を毎日母子3人で見ています。
これは主人公喜代美の祖父であり若狭塗箸の職人である正太郎の言葉です。

ちなみに若狭塗とは、
「若狭塗の特長は、貝殻や卵殻を色とりどりの色漆で塗り重ねることです。
 多くは十数回も塗り重ねられた漆の層。これを丹念に研ぎ出し、磨き上げることにより、
 若狭塗独特のイメージとされる美しい海底の模様が浮かび上がります。」
    ~ サイト 『若狭塗箸』 より引用 ~
だそうです。
卵殻を使うこともある、っていうのがちょっとひっかかるんですけど。アレルゲン表示あるのかな。

自分が生きて行くだけでも大変なのに、
家庭を持ち子育てなんてしていると日々いろんなことがありますよね。
しんどいなーと座り込みたくなる時もありますが、ずーっと先の将来に後悔することのないよう、
ぼちぼち頑張って行こうと思います。
そして子供たちにも、将来綺麗な模様になって出てくるようないろんなものを
逃げないでちゃんと拾い上げて身にまとって行って欲しいなと思っています。


Secret

TrackBackURL
→http://yoyoji.blog107.fc2.com/tb.php/90-2c834f2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。