上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末のご挨拶もしないままに年を越してしまいました。
すっかりご無沙汰していますが、家族共々元気に過ごしています。

昨年は大きな震災がありました。幸い我が家には実際の被害はなかったものの、しばらくはバタバタと落ち着かない日々を過ごしました。現在も全く生活に不安がないと言えば嘘になります。

でも。
ここ数年をかけて、迷いながらも独断で「少しずつ食べさせること」にチャレンジして来て良かった。
2011年は、そう心から強く思えた年でした。
震災直後の落ち着かない毎日の中でも、家族が全員無事でいられるのだから怖いものなんて何もない!とさえ思えました。それは、以前のように小麦も卵も食べられない状況だったとしたら、たまらなく不安だっただろう、という気持ちの裏返しだったと思います。

現在タロウは、小麦は毎日摂取を続け、卵については特に意識することなく加工品などで摂りながら、週に1回は加熱した全卵1個分を食べるようにしています。目玉焼きでは黄身が少しトロっとしている状態でも問題なく食べられるようになりました。もう少し様子を見ながら、今年は何とか温泉卵にチャレンジしたいなと考えています。
ピーナッツに関しては相変わらずの完全除去ですが、他のアレルゲンが解除になったぶん最後の壁が大きく立ちはだかって来たような印象です。今まででは起こり得なかったようなハプニングを時々起こしつつ、その中でタロウ自身が学習しているといったところでしょうか。私的にはどんどん過敏になって来ているような気がしてならず、早く微量でも経口摂取をさせ始めたいところですがなかなか・・・。先日の受診ではついに主治医より「タロウくん、ピーナッツを見たらとにかくその場から逃げなさい。」と言われてしまいました・・・とほほ。

そんなこんなで、すっかりブログの更新は滞りがちになってしまいましたが、相変わらずアレルギーとはまだまだ縁の切れない日々を送っています。ここから遠ざかりつつあるのは、アレルギーライフから遠ざかりつつあるということではなく、私自身にアレっ子生活の知恵、アレルギーの知恵が付き、あまり悲観的ではなくなった、ということなのしょう。ここのお陰で、この場を通さずとも相談し合い知恵を出し合える仲間が沢山出来た、ということも大きいと思います。

ここをどうするか。実に悩ましいところなのですが、結論はもう少し先送りさせて下さいね。
今年も不定期に、気まぐれに、更新出来ればと思っています。

こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


yoyo


幸せ~☆
サンファーム乳業さん 『クリスマスアイスケーキ』

ずっとお世話になっているサンファーム乳業さん。今回は初めて卵入りのアイスケーキをお願いしました。感無量。
いつもながらに幸せな気分にしてくれる、甘くて(でも甘過ぎないんですよ♪)美味しいアイスケーキでした。

~~~~~~~~~~

あまり良い写真ではありませんが、イブの夕飯の一部です。他にはピザがもう1枚とコーンスープなど。気が付けばピザのチーズ以外卵・乳フリーという私の料理ってどうよ。もっと存分に使おうよ。

焦げてないピザもありましたよ

初めて生の丸鶏(もちろん下処理済み♪)を買って来てオーブンで焼いてみました。
予想以上に無事美味しく焼き上がりましたが・・・ピッカピカに磨いていたオーブンが、オーブンがぁぁぁ・・・。えらいことになるものです(涙)。

今年はクリスマス後に帰省するため、出産後初めて自宅で夫と一緒に家族4人でクリスマスを過ごしました。

「サンタさん、ちゃんと間違えないで(おばあちゃんちではなく)こっちに来てくれるかなぁ。」と申しましたら、
「そりゃ来るでしょ。」と長男にバッサリ。
まだまだ素直に(?)信じてくれている次男坊も、来年辺りはそろそろ怪しいでしょう。
サンタさんというものが分かるようになってからの純粋に信じて心待ちにしている期間って、意外と短いものですね。


2011.10.30 熱狂過ぎて
* 11/1 パウンドケーキを1つ追加しました *

疲れ果てた・・・
栗タルト

道の駅でおっきい栗を見付け、喜んで買ったら中が大ハズレ(涙)。その直後にいただいた栗がそれは見事で美味しくて感激して、その感激を伝えたら再び届き、三度届き・・・もういいですとは言えず・・・。どこから届いたかはご想像にお任せしますが。

というわけでマロンクリーム、頑張りました。
茹でて皮をむき裏ごし → 生クリーム(適当)とメイプルシロップ(適当)とを加えて火にかけ、水を加えて甘さと硬さを調整しながら練りました。グラニュー糖を使えばもうちょっときれいな色になったのでしょうけどね。

タルト生地はこちら ↓ のレシピで。
Cpicon ■ タルト生地 ■ by ■27
砂糖と油分とはてんさい糖となたね油を使いました。

アーモンドクリームは ↓ こちらの本より。
久々に買ったー

このタルト全体で卵は使っていません。一部牛乳や生クリームを使いましたが、それを豆乳や豆乳ホイップに置き換えても全く仕上がりに問題はないように思います。
小麦が使えなかった時期が長かった我が家にとっては、小麦粉が食べられるだけでこんなフツーな(いや世間的には全然普通じゃないかも知れないのだが)お菓子が作れるのねーと今だに感動の多い日々です。

余ったマロンクリームを使って ↓ こちらのレシピを参考に、パンを。
Cpicon ◎おさつうずまき◎ by るってぃ
初めてひねってみた
小麦粉って見た目はどうであれ「パン」になるからすごいですね。

甘露煮にした栗を入れて共立さんの 『米粉の蒸しパンミックス』 で蒸しパン。初めてレシピ通り卵を使って作りました。
期限切れの粉で♪

幸せの楽しいお菓子レシピ』 さまよりこちらのレシピを参考に、甘露煮入りパウンドケーキ。
もっとゴロっと入れたかったのだが
水の一部に甘露煮の煮汁を使いました。

他には、栗ご飯や蒸し羊羹などなど。
美味しかったけどもう当分栗はいいです(って冷凍室にまだあるんですけどー)。

この時期我が家定番のサツマイモチップスも♪
合羽橋で購入♪
巨大ボウルを購入したので大量生産~。

~~~~~~~~~~

食べられる商品がほとんど皆無なお菓子売り場で立ち尽くした日は遠く、そこに売られているほとんどの商品が食べられるようになりました。
にぃにぃが美味しそうに食べていたあれが食べたいこれも食べたい、私もタロウにこんなの食べさせてあげたい、これも、あれも・・・な日々が幕開け・・・気が付くと買ったお菓子のストックの山をため息まじりに消費している自分がいました。食べないんですよ、2人とも。イヤがりはしないけど喜ばない。「それしかないんだったらいいや~。」だなんて!
タロウと一緒に食べないでいる私の目の前でコレを美味しそうに食らう夫をシメてやりたいと思った日もあったな~なんて思い返しながら、子供たちの前で堂々と1人在庫処理をするわけですが、そんな私自身もおいしいっ!と思えていない現実。チキショー。

というわけで、結局お菓子作りライフに逆戻りです。ま、前と違って作っている私自身にプレッシャーとか悲壮感とかがないからいいんですけど。


感無量


タロウ、8歳になりました。

今年はついに、ついに、地元のケーキ屋さんで。

お店で沢山のバースデーケーキの写真を見せていただき、悩んで帰って、迷っても迷っても決められなくて・・・。幸せなことです。
本人はイラストを描いたケーキにも興味を持ったようで、しばらくお願いするイラストを悩んでいました。
その姿を見て、「来年はにぃにぃもケーキに絵を描いてもらう?」とにぃにぃに言いましたら、「イヤ、オレはもうそんなのいいよ。」と素っ気なく却下。そうか、そこには間に合わなかったか。

食物アレルギーが発覚してから7年半。ようやくたどり着いた「ケーキ屋さんのケーキ」。
不思議と、大変だったとかしんどかったなとか、そういうことは全く感じません。出て来るのはやはりにぃにぃへの思いばかり。ありがとうとごめんねと。
でも、でも、やっぱり嬉しいです。

1年前、こんな風に書きました。
思い描いた1年後を無事に迎えられるのは、本当にありがたいことです。

~~~~~~~~~~

プレゼントはこちらでした。

ドラクエにハメたのは私

私たちからはDSのソフト、おばあちゃんからは腕時計を。
私にとってはいつまでも赤ちゃんなのに、確実に成長して行って・・・ううう(涙)。


... 続きを読む
夏休み前に受けていた検査の結果を聞きに行って来ました。
途中は端折りますが、0才時からの結果をまとめてみます。
携帯からの方は上手くご覧になれないと思います。ごめんなさい。 

RAST値(クラス)
0才1才3才5才









6才









1


7才今回
卵白37.30
(4)
10.10
(3)
6.80
(3)
10.90
(3)
12.60
(3)
2.27
(2)
1.22
(2)
卵黄2.73
(2)
1.88
(2)
1.51
(2)
1.61
(2)

0.42
(1)

オボムコイド
3.68
(3)
8.56
(3)

13.20
(3)
2.90
(2)
1.92
(2)
小麦41.30
(4)
10.00
(3)
1.47
(2)
1.61
(2)
0.82
(2)
0.39
(1)
0.35
(1)
グルテン



0.87
(2)
0.38
(1)
<0.34
(0)
ω-5グリアジン





<0.34
(0)
ピーナッツ

14.0
(3)
76.7
(5)
31.2
(4)
30.2
(4)
42.1
(4)


小麦!!
数値(クラスではない)が「2」を切るまでは早かったもののそこからがなかなかだった小麦。入学を1年後に控えた負荷試験で、うどん数本でボスミンを打たれた時は凹んだなー。
そんな小麦も私の勝手な暴走を経て人並みに食べられるようになり、どうやら数値の上でも無事寛解を迎えられそうな気配です。もうね、胸がいっぱい。会計を待つロビーで歓喜の雄叫びを上げたくなりましたよ。

今回初めてω-5グリアジンの検査もお願いしました。見事ゼロ!
ご存知のように、この数値は小麦での食物依存性運動誘発アナフィラキシーのリスクの指標になると言われていますので、タロウ本人の実際がどうであれ、今回陰性と出たことはやはり嬉しいです。
主治医からも、卵・小麦共に食べ始めてから明らかに数値が下がって来ており、検査の数値からも食べられるようになったと言えるねと言っていただきました。

そしてそしてのピーナッツ。
先日の誤食を経て、今回の検査結果がどう出るかを興味深く待っていました。

たった1回の誤食でも、もしかしたら免疫寛容の方向に働いているかも知れない。

なーんて希望を持っていたんですね。
だからもし今回数値が下がっていれば、三たび目の暴走に踏み出そうかと考えていました。
反対に、ぼーんと数値が跳ね上がっていたら、しばらくは諦めようと。

それが何よ・・・この生ぬる~い感じの結果・・・。

総IgEも卵や小麦と同様になだらかに下降して来ていますので、そこへこのピーナッツの結果ですから、まあ微増と言うよりは跳ね上がりと捉えた方がいいのかな。
というわけで、しばらく走り出すのはやめておこうというのが今のところの私の考えです。
と言うかぶっちゃけ疲れちゃったんですよね、ここ数年のスリリングな毎日に。なのでここらで小休憩です。
ま、結局は、母親のヤル気が全てだ低学年!ということでしょうか。

~~~~~~~~~~

今回エピペンも無事1年を迎え、新しいものを処方していただきました。そしたら!

9月22日から保険適用だってぇぇぇぇぇ?!?!

しょぼん。
ま、いいや、今まで他に比べるとかなりの破格で処方していただいていたようなので。

主治医にお返しした期限切れのエピペン、今回は私が診察室で試し打ちをさせていただいて帰りました。
ボン!!ってすごい勢いですね。
命と引き換えなのですから仕方ありませんが・・・痛いだろうな、打たれたら。

この先の1年も無事にお守りでいてくれますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。